2013/11/24 | 投稿者: なおき

僕が外洋シーバスと表現するのは、主に磯やサーフ、海に囲まれた漁港です。
河川の河口に建設された堤防の海側は、位置的には外洋向きですが、そこでキャッチしたシーバスは、個人的に外洋シーバスとは呼びません。

僕の個人的な外洋シーバスと言う範囲の拘りはそこにあります。

クリックすると元のサイズで表示します
土曜日の朝。
夜勤明けの外洋シーバスはいつもと同じで磯にやってきました。
写真では臨場感はありませんが、足場は7〜8mの崖の上。
かなり高い位置から外洋シーバスを狙いました。

僕はランディングツールを持たないため、逐一サカナを誘導し、拾いにいきます。
正直面倒でサカナが波にさらわれてサヨナラするリスクを背負いますが、このランディングを長年行っているためにランディングテクニックには少しの自信があります。

目の前に立ちはだかる岩や離れの磯があっても波さえあれば、問題なくサカナを誘導できます。

クリックすると元のサイズで表示します
このファイトスタイルがたまらなく好きで、ヒットしてからランディングまで、まさにサカナと自然条件との戦いです。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ、危険を伴いますので安全には十分注意しています。

クリックすると元のサイズで表示します
外洋シーバスの魅力ですが、対岸の見えない海に向かって、たかだか10数センチのルアーをキャストして狙うのですから、ルアーとサカナとの出会いは奇跡か、あるいはポイント判断力の良さのいずれだと思っています。
要するに運か実力か?って、こと。

県内の河川は小さいので、海に比べると釣り堀みたいなもの。
(もちろん釣り場規模だけの話です)
外洋では、河川の釣りより数段レベルが高く、サカナをキャッチしたときの喜びはひときわ大きく感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
もうひとつの魅力は、まれに素晴らしい外道に出会えることです。

クリックすると元のサイズで表示します
今回は運良くヒラメに出会えました。
それなりのサイズでしたからキープして美味しく頂きました。

外道の種類は様々ですが、こんな外道はホント、ラッキーです。

ともあれ、外洋シーバスの魅力は、本文中に記載した通りです。
その魅力がクセになり、僕は外洋シーバスを追っているのです。

シーバスのシーズンが終るまで、どっぷりと外洋に浸かろうと思います。
4




AutoPage最新お知らせ