2013/12/9 | 投稿者: なおき

冬の日本海は、風速10mなど当たり前に吹き付ける。
特に風向が北絡みだとタチが悪い。
なぜなら、強風のみならず、高波も併発するから。

そんなときは大好きなサーフや磯での釣りなど出きる訳もなく、家にこもって寝るだけとなってしまいがち。

しかし!
外洋では唯一、漁港に限り釣りが成立する場合がある。

ここで言う漁港とは、河川に設けられた漁港ではなく、海に建設された漁港を示す。
これは僕の中で外洋の部類に入る。

だから漁港シーバスも意外と楽しい。
特に磯に囲まれた漁港が大好きだ。

マンメイドストラクチャーと自然が造り出した要塞との融合。
このロケーションもなかなか良い。
(ただし、巨大で眩い漁港は風情がなく嫌い)

クリックすると元のサイズで表示します
磯が絡むと当然ながらシーバスも入ってくる。

クリックすると元のサイズで表示します
入ってくるタイミングとか何とかなど関係ない。
とにかくシーバスは、いるのだ。
釣れないのは、活性が低いか、狙いが悪いかのどちらかと思って良い。
太平洋ならいざ知らず、ここは干満差の小さい日本海なのだから荒れた海の干満差なと関係ない。

クリックすると元のサイズで表示します
ボトムの変化(根や海藻帯を含む)や水の強い流れを見付け出し、居着きの個体を拾っていく釣り。
だから、粘って釣るものではなく、パッと釣る。
つまり、外洋シーバスの習性を知らずして、短時間でシーバスを出すのは難しい。

まるで宝探しゲームのようで、単純明快な釣りだが、それが漁港シーバスなのだ。

サーフや磯での釣りが出来ないときは、また宝探しに出掛けよう。
5

2013/12/8 | 投稿者: なおき

波が高いとサーフはくちゃくちゃになります。
特にブレイク付近から発生する巻き波は、まさに波状攻撃といったところ。
デカイ巻き波が連続して押し寄せるものだから、釣り難いったらありゃしない。

しかも、崩れた波は激流となって右に流れたり、強烈な離岸流となって沖に流れたりと、シンペンやリップ付きミノーなんて、とても使える状況ではありません。

そこで登場するのがスカッシュF125。
巻き波の中でも急潜行を開始して、またリップ付きミノーほどの抵抗を受けないために流れの影響を受け難く、真横から戻ってくることはないので非常に使い易いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえずシーバスはいるので、ルアーがきちんと潜ることを最優先させます。

クリックすると元のサイズで表示します
この状況ではフローティングより、シンキングの方が良かったと思いましたが、車まで戻るのが面倒だったから、そのまま強行。

クリックすると元のサイズで表示します
手が冷たくカラー交換も面倒だったから、チャート1本勝負で。

クリックすると元のサイズで表示します
最終的に6尾のシーバスをキャッチすることができました。

サラシを好むシーバスの習性か、くちゃくちゃのサーフにもちゃんと回遊してきます。
狙う際は、波高や流れの強さ等々に応じて適切なルアーセレクトが必要です。

MariaならスカッシュF or S125がオススメです。

その他、ある程度のテクニックも必要となりますので、ルアーありきの釣りは、まず成立しません。
この難しさが荒れた外洋の楽しさなのです。
3

2013/12/6 | 投稿者: なおき

実はNL-1のカタクチイワシカラーが廃色となります。

NL-1は、サーフや磯に特化したルアーと言っても過言ではなく、外洋系のフィールドでは素晴らしい実積を残しています。
全国的に見ても、外洋をメインに活動している方々は口を揃えて釣れるルアー、外洋になくてはならないルアーとおっしゃっています。

中でもカタクチイワシカラーは、外洋のシーバスゲームにおいて、要となるカラーのひとつ。
外洋に特化したルアーだからこそ、カタクチイワシカラーが必要となります。

噛み砕けば、カタクチイワシカラーは、ルアーのコンセプトとカラーリングが実にマッチしていると言えるのです。

それが廃色となるなんて…。
NL-1のコンセプトを根底から覆す採決となり、残念で仕方ありません。

そんなNL-1のカタクチイワシカラーを1本だけ持参して、追悼のシーバスゲームを行いました。

クリックすると元のサイズで表示します
デイ、ナイトを問わず活躍するカラーなのに。

クリックすると元のサイズで表示します
繊細な状況では、ナチュラルなアプローチが出来たのに。
シンプルでありながらも、こんなに釣れるカラーなのに。

ホント、本当に残念です。

クリックすると元のサイズで表示します
このカラーの在庫数には限りがあり、店頭から消えた日には生産されることはありません。

NL-1のカタクチイワシカラーを好んでご愛用されている方は、お早めにお買い求め頂くことをオススメします。

数々の思い出をくれたカタクチイワシカラーに感謝です。
5

2013/12/5 | 投稿者: なおき

寒波襲来後。
マイナーなサーフにもスズキが安定して回遊しています。

個人的に混雑している釣り場を好まないため、人気のない釣り場を好んで選びます。

初冬は、スズキがどこにでも接岸するので本当に釣り易い。

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりにNL-1でスズキをキャッチしました。

クリックすると元のサイズで表示します
外洋ではその実力をフルに発揮します。

クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、スカッシュF125も出番がやってきて、しっかりと仕事をしてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
バディーのえーじさんも次々とキャッチしていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
えーじさんはNL-1で勝負していました。

クリックすると元のサイズで表示します
沖のブレイクは超遠投性能を誇るブルースコードC115で探ります。

クリックすると元のサイズで表示します
平均サイズは60cm半ば。
ただ、60cm級とは思えないトルクと重量感で僕らを楽しませてくれます。

空いた外洋で、のびのびと遊ぶ。
広い外洋は僕らのパラダイスでした。

ただ、荒れると…。
悲しきかな、釣りは無理。
4

2013/12/3 | 投稿者: なおき

先週に引き続き、磯でヒラメが釣れました。
いや、釣れたと言うより釣りました。笑

スズキが出ないので、スカッシュS95にチェンジしてヒラメ狙いに切り替えたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒットの瞬間、ヒラメとすぐにわかりました。
独特の引き味に感激。
このヒラメ、結構引きました。

クリックすると元のサイズで表示します
やたらと顔が小さい。
クチボソカレイのよう。

クリックすると元のサイズで表示します
色白の天然魚。
写真ではわかりませんが、プリっプリです。

スカッシュシリーズはサイズ、F&Sのラインナップがありますので、状況に応じて使い分けしますと、引き出しが増えて釣りの厚みが増します。

スズキ狙いからヒラメ狙いへ。
スカッシュシリーズで対応可能です。
3




AutoPage最新お知らせ