2014/1/4 | 投稿者: なおき

初シーバスをキャッチしたもので、心に少し余裕が出来ました。
そこで、今季発売予定のフラペンオンリーでシーバスに挑んでみました。

ポイントはラウンドシャローが広がる磯場。
波が想像以上に落ちていたのでサラシを求めて行き着いたのでした。

通常ならブルースコードかNL-1の独壇場となるところですが、揚力調整が可能でアクションの派手なフラペンもローテーションの仲間入りとなります。
これでシーバスからの反応の良いルアーを探す幅が広がり、ググッと釣果アップに繋がりそう。

クリックすると元のサイズで表示します
実釣を開始。
しばらくしてシーバスがヒットしました。
玉砕覚悟でしたが、いらぬ心配となりました。
てか、釣れてビックリ!

クリックすると元のサイズで表示します
ポイントを転々として再びヒット。
ちびっこなのに集魚力抜群です。

クリックすると元のサイズで表示します
違うカラーも試したかったのでチャートを交換。
クリアボディーベースですが、アクションが強いので、やはり反応はいいみたい。

クリックすると元のサイズで表示します
あれよあれよとポンポン出て。

最終的にはこの季節には珍しく爆ることになりました。

僕が持ってるのかフラペンがいいのか分かりませんが、とにかく釣れます。

フラペン1本勝負をもう少し続け、シーバスの反応を確認してみようと思います。
5




AutoPage最新お知らせ