2014/5/31 | 投稿者: なおき

昨夜の釣行です。
スリットと根が複合しているエリアを選びました。理由は海が静かなので、少しでも流れの利いている地形が有利と考えたのです。

水辺に降りるとベタ凪に追い打ちをかけるかのように澄み潮で、釣果をあげるハードルがあがりました。
そんな状況なので、ルアーのシルエットを小さくみせ、且つ根掛かりを防止するため、スカッシュF95をセレクト。1時間くらいピンスポットから広範囲まで、付近を探りましたが反応はありません。

そこで、シルエットは大きくなりますが、動きの小さいNL-Tにチェンジ。
沖の根と根の間は割と潮が動いていたのでヒットゾーンはソコ!と、予想していたのですが、手前の潮が抜けているシモリで違和感が…。
瞬間、リーリングを止めると、ガバガバ!と、シーバスが水面をわりました。
一瞬、フッキングしましたが、フックアウト。その後も同じような位置でバイトが相次ぎます。
ベタ凪&澄み潮のせいか、かなりのショートバイト。活性そのものは高いのですが、動きの良いスカッシュではなく、動きの弱いNL-Tに反応することを考慮すると、やや警戒気味と思われます。
アタックを感じた瞬間、無理やりのアワセにうまくヒット。やっとやっとでランディングできました。

クリックすると元のサイズで表示します
この季節にしては、かなりスレンダー。捕食能力が弱いのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
コンディションの悪いシーバスを相手にする場合は、動きの弱いNL-Tが強い。
これは僕が幾度も経験していることです。
ベタ凪&澄み潮の磯がらみを攻略するには、やはり夜間に部があります。コンディションのよいサカナが入っていれば、動きの強いルアーでのアピールが有効となり、コンディションの悪いサカナが入っていれば、動きの弱いルアーが有効となります。

動きの弱いルアーは、一見釣れなさそうに感じますが、時として強い武器となりますので、磯がらみのポイントに限らず、とりあえず色々な釣り場で試してみてはいかがでしょうか。
2

2014/5/27 | 投稿者: なおき

昨日は雨が降り、川には濁りが入っていました。
その濁りが海へ流れ出し、スズキの呼び水となっていた様子。

クリックすると元のサイズで表示します
雨の降る中、夕マヅメに河口へと向かいました。
スカッシュF95で速攻バイト。
バイトが続きましたが、ようやくフッキング。

クリックすると元のサイズで表示します
次にフラペンへとローテーション。
こちらもバイトが多発しました。
このサイズを3尾キャッチして、ラストヒットは…。

クリックすると元のサイズで表示します
この日最大の70cm。
久々に強い引きを堪能。

満足して帰宅しました。
初夏の雨後は河口が強いようですね。
2

2014/5/26 | 投稿者: なおき

昨年、釣りに復帰したポイントです。
今シーズン、サカナの接岸チェックに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
根が点在するシャローエリアと言うことで、NL-Tの登場です。
小さいながら、とりあえず1尾キャッチ。

クリックすると元のサイズで表示します
バディーのえーじさんは、ブルース・コードC90でキャッチ。
この後、反応がなくなり終了。

スズキの接岸は少ない様子。
あと少しの辛抱か、あるいは接岸がないのか。
シーズンが終ってみないと答えは見えないのである。
2

2014/5/25 | 投稿者: なおき

只今、バイブレーションでの釣りを練習中です。
そんな中、出てくれた1尾。

クリックすると元のサイズで表示します
バレずにうまくキャッチできました。

クリックすると元のサイズで表示します
このピンクグロー、エグいカラーなのに釣れます。

マールアミーゴUでの練習は、今後も続きます。
2

2014/5/23 | 投稿者: なおき

水曜日は、ヒット数が二桁、バイト数は数知れず。
そんな好条件だったのですが、キャッチは3尾と情けない結果でした。
全ては僕の未熟さの表れ。

クリックすると元のサイズで表示します
バイブレーションは飲み込まれやすいスライス55や、比重が軽くフッキングし易いスライス70を愛用していました。

クリックすると元のサイズで表示します
でもソリッドボディーのマールアミーゴUは、自分が思っていたよりフッキングが難しく、フックアウトの連続です。

クリックすると元のサイズで表示します
普段からバイブレーションを使用されている方なら全くもって問題はないでしょう。
こんな素晴らしいルアーが発売されますので、バイブレーションでの釣りを基礎から学ぼうと思います。
3




AutoPage最新お知らせ