スカッシュ95Fの5カラーで

2013/8/26 | 投稿者: なおき

今の僕は、スカッシュ95Fを好んで使っています。

釣行時には3カラー程度のスカッシュ95をタックルボックスに忍ばせているのですが、この日は5カラーのスカッシュを持参しました。

なぜなら、根掛かりロストのポイントだから。

本当は、5本程度では少ないのですが、発売前のアイテムと言うことで手持ちのスカッシュ95がありません。
僕にとって最大限の携帯数量です。

まずはイワシカラーからスタート。
クリックすると元のサイズで表示します
割と早めにキャッチ。
何となくカラー交換。

クリックすると元のサイズで表示します
すると今度もきました。
またカラー交換。

クリックすると元のサイズで表示します
少し間をおいてヒット。

ここで、あと2カラーで手持ち全カラーでのヒットを意識しました。
と、言うことでまたカラー交換。

クリックすると元のサイズで表示します
これがなかなか釣れなかった。
粘って粘って、ようやくキャッチ。

と、言うのも70cm楽々オーバーをバラして、その後が潮止まり。
流れが効くまで時間待ちでした。

そして、最後のカラーでのキャッチを目指します。

よくある話。
最後のカラーだったのに釣れなかった…。
そんなオチは嫌だ。

クリックすると元のサイズで表示します
それが3投目にキャッチでき、目標達成!
充実感に溢れました。

ただ、バラした70cmオーバーの感触が忘れらず、欲を出してイワシカラーで再び狙い出したら即ロスト。

満足して帰れば良かった…。

クリックすると元のサイズで表示します
使用カラーです。
ブラックバックのイワシカラーはシンキングです。
フローティングロストのため代替。

釣れるときはカラーの差異など関係ないかもしれませんが、釣りの自己満足としての楽しみのひとつです。

達成感タップリの釣行でした。
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ