ブログの写真について

2013/8/30 | 投稿者: なおき

僕は水に浸っているサカナの写真が大好きです。

例えばトラウトやマスの専門誌に掲載されている写真。
水に浸っていることによって、サカナの美しさが際立って表現されています。
あの様な描写には心が惹かれます。

僕もそれに従って、ウェーディングでのシーバスゲームでは、なるべくサカナを水に浸からせて写真を撮ることにしています。

ただ、シーバスというサカナはトラウトの様に色鮮やかな模様を持っていませんので、サカナ自体を綺麗に見せることが難しいと感じています。

クリックすると元のサイズで表示します
ところが泳いでいる姿は自然なままなので、悠々とした姿は表現できます。

クリックすると元のサイズで表示します
ルアーにアタックした生々しさもそのままに。

クリックすると元のサイズで表示します
陸にあげて、横向きに撮影するよりも躍動感が出ます。

クリックすると元のサイズで表示します
ダイナミックなアングルでは、シーバスの迫力が表現される瞬間もあります。
でも、こんなことをしているので、携帯水没はちょくちょくと…。

今はストラップ装着して、首からぶら下げていますので手を滑らせても大丈夫です。

クリックすると元のサイズで表示します
サイズは大したことないですけど。

クリックすると元のサイズで表示します
水中にいる姿や立体的な構図では、サカナのサイズが小さくても納得のゆく思い出が残せます。

写真というのは、拘れば拘るほど撮影枚数が増えます。
決して1発では決まりません。

僕は出会ったシーバスを大切にしたいので、撮影には真剣に取り組みます。
そうして見ごたえのあるログを積み重ねていくのです。

僕の釣行記は、基本うんちくを語るよりも写真のクオリティーでお見せすることを心掛けています。
時折、例外もありますが…。

どうでしょう。携帯での撮影ですが、割と見れる写真ではありませんか?
3



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ