渋い時はフラペンが強いかも?

2014/1/8 | 投稿者: なおき

現在、僕が通うフィールドのシーバスは、本当に小さなバイトを出し、フッキングがかなり難しい状況となっています。

僕の推測では、ベイトが小さく、またシーバスもそんなベイトに依存しているせいで、エコ捕食していると考えています。

だから、アタリが小さい。
もうほとんど違和感程度にしかアタックしてきません。

しかも7日の夜はベタ凪とシーバスは低活性で、頼りのNL-1やブルースコードC90には無反応と非常に困った海況です。

僕の経験では、手持ちのルアーに反応してくるのはフラペンのみと予想。
根掛かりロストは痛いのですが、腹をくくってフラペンを投入することにしました。

すると、まずボトムを擦ったような感触が…。
その5投目。

クリックすると元のサイズで表示します
海藻の細切れを引っ掛けたような軽い違和感がロッドに伝わりました。
とりあえずスイープに合わせてみるとグン!

ハッ、のった!

クリックすると元のサイズで表示します
しっかりフッキングしてしまえば、こっちのもの。
ランディングも難なく成功し、気持ち良くキャッチ。

まだ決定とは言えませんが、食いの渋い時はフラペンが有効となる可能性が見えてきました。

シーバスが沿岸部を離れない内にロストを恐れながらも検証を続けてみます。
5



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ