2014/6/1 | 投稿者: なおき

ボートからのブリ狙いを急遽取り止めショアからメタルシグをぶん投げることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
朝、遅めの実釣だったので、反応を見るためのショアトリッカーではなく、本気のショアブルーEXをセレクト。

クリックすると元のサイズで表示します
その2投目にヒット。
この後、バイトが続いたのですが、乗り切らず。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてマイルドなアクションのメタルフリッカーにチェンジ。
それでもフッキングすることはありませんでした。

ブリパラダイスから苦労のショアジギング。
釣りは、人生のように甘くはないのであります。
3

2014/5/17 | 投稿者: なおき

シーバスをキャッチした後は、仮眠をとって青物を狙いました。
基本、青物なら何でもOKなのですが、昨年好調だったヒラマサや沖で回遊中のメジロに期待です。
フクラギは…。たくさん居ますね。
釣れて当然のサカナです。
クリックすると元のサイズで表示します

水深のある磯では、ウネリがそのまま磯にぶつかりますので、僅かながらサラシが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
と、言ってもこの程度。でも、ひょっとすると磯際に待機中のシーバスが居るかもしれないので、スカッシュで簡単にチェックを行いました。
が、予想通り無反応。

その流れで表層を回遊している青物に的を絞り、ミノーイングでヒットを待ちます。
青物はメタルジグで狙うのが主流となりますが、実はプラグに弱いサカナです。
各サイズのプラグがメタルジグ並に飛び、且つレンジ探査能力があるなら、メタルジグの出番は少なくなると思います。
メタルジグで狙うのは、あくまで縦横(飛距離とレンジ)の探査能力に優れるルアーだからです。
スカッシュで反応が得られないので、いよいよメタルジグの出番となります。なぜなら、中層以外をチェックするためです。
まずは、パイロットジグのメタルフリッカーからスタート。
ボトムをとって、スローのワンピッチでボトムレンジをキープしながら誘います。その2投目。

クリックすると元のサイズで表示します
そろそろ回収しなきゃ。と、思うほどの手前でヒット。
短時間のやりとりでフクラギをキャッチ。ヒットゾーンはスカッシュで十分に届く距離なので、サカナは浮いていない様子です。
で、何連発かして、気分転換にメタルフリッカーのカラーをチェンジ。

クリックすると元のサイズで表示します
確か一撃だったと記憶しています。
このカラーでも数尾追加。

でも時間の経過と共に反応が鈍くなってきました。こんな時は動きの異なるメタルジグを投入し、様子を見てみます。
そこで、選んだメタルジグはショアブルーEX。
素直なアクションのメタルフリッカーとは正反対で、じゃじゃ馬の様に飛び跳ねるアクションの激しいメタルジグです。状況によりけりですが、僕は青物本命の場合、正反対のローテーションを組みます。

例えば前述した様に動きが正反対のジグを試したり、カラーならナチュラル系からアピール系を試したり、スローの誘いから早い誘いに変えたり、そんな具合です。
ちなみにライトショアジギングだと、ムーチョ・ルチアから始まり、ショアトリッカーに交換(またはその反対)するのがメタルジグのアクションチェンジです。
今回はショアブルーEXでは当たりませんでした。
でもその事実がヒントになるのです。メタルジグのアクションがその日のフクラギに合わないのではありません。ショアブルーEXでもフクラギはクチを使います。だから釣れない理由はそこではないと判断出来るのです。
(釣れれば動きが派手なメタルジグが良いと言うことになります。)
太陽が顔を出し切り、サカナが上ずったのです。

ここで、待ってました!と、言わんばかりに登場するのがプラグ類です。
個人的にオススメするのは断然トップウォーター。ゲーム性と迫力と興奮がタマりません!

クリックすると元のサイズで表示します
海が静かだと青物の追尾やアタックしたときの水柱がサイト出来るので、最高に楽しめます!

クリックすると元のサイズで表示します
大好きなブルチョップで。
ブルチョップは変わり種のトップウォータープラグで、シンキングペンシルの泳ぎをするポッパーです。
だから、水面直下をヌタヌタ泳がすことも出来れば、ポッピングすることも出来ます。
派手なスキッピングもお手のものですから、ある意味万能型ですね。
(唯一の欠点として、ブルチョップは残念なことに、もはや生産されていません)
レンジが浮いたフクラギをブルチョップで量産しました。

1日投げ続けたかったのですが、下手にサカナをキープしたので、痛む前に磯あがり。
そして、もうひとつ。
実は仕事で腰と背中を痛めてしまい、ショアジグとヘビーウエイトのプラグのキャストを続けたせいで、動く度に激痛が走るようになったのです。
そんなこんなで、ヒラマサやメジロは出ませんでしたが、メタルジグとトップウォータープラグでフクラギが爆発しました。

僕が青物を狙う際に意識するのは正反対とレンジです。
タフったコンディションの時に効果を発揮するケースもあれば、今回の様に好むアクションが変わったのか否かの確認にもなります。

青物は変態的に偏屈なので、考え方の個人差も非常に大きいものです。
基本となるスタイルが確立するまでは、変態的な偏屈さを幾通りも経験しなければならないと思います。しかし、経験して確立してしまえば、その先に待っているのは釣果の安定感です。
サイズはともかく狙ってしっかりと釣れるようになると思いますよ。
正味な話、春の青物はシラスにストーキングしない限り、とてもイージーに釣れるので、ジグのアクションやカラー、大きさはあまり関係ありません。
釣りそのものの初心者の方や青物にチャレンジしてみたい方は春が狙い易いと思います。興味のある方は、着くと厄介なシラスが現れる前にトライしてはいかがでしょうか。
3

2014/5/5 | 投稿者: なおき

ゴジラ松井の日。
オフショアの予定が悪天候のため、陸っぱりに変更。

釣友のじゅんちゃん、愛知県のMASAさんとサーフでフクラギを狙ってみた。
MASAさんのファーストヒットを皮切りにポツポツとフクラギが釣れる。
クリックすると元のサイズで表示します
ヒットジグはムーチョ・ルチアAH。

クリックすると元のサイズで表示します
移動先でも釣れるが爆釣するほどでもない。
ただ、MASAさんは好調に数を伸ばし、満足気であった。
人の喜ぶ顔を見るのは何とも気分の良いもの。

クリックすると元のサイズで表示します
個人的には寂しい釣果であるが、心許せる友との釣りは最高に楽しい。
釣れても釣れなくとも友と共有する時間は大切にしたいと思う。
2

2013/10/6 | 投稿者: なおき

凪の磯。
期待は薄そうだけど、とりあえずシーバスを狙ってみた。

同行者は山脇さん。

朝イチ勝負で磯際に発生している小さいサラシにシーバスが居着いていないか賭けてみました。

しかし、賭けは大ハズレ。
山脇さんがピックアップ寸前に掛けたものの、食いが浅く完璧なフッキングに至らず。
その1尾でシーバスからの反応は途絶えてしまった。

そこで、ヒラマサ狙いにシフトチェンジ。
時合を逃さないタイミングでの判断でした。

青物狙いと言うことで、山脇さんは対青物に絶大な威力を発揮するブルースコードC115をセレクト。
クリックすると元のサイズで表示します
この山脇さん。
かなり趣のある釣友で、ベイトタックルしか使いません。
キャスティングが上手で、スピニングタックルの僕より遥かにルアーを飛ばします。

クリックすると元のサイズで表示します
その飛距離たるや驚愕。

クリックすると元のサイズで表示します
半円投法で遠心力を作り出し。

クリックすると元のサイズで表示します
流れるような一連の動作から。

クリックすると元のサイズで表示します
ロッドに貯めた巨大なパワーを一気にリリース。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてフィニッシュ。

推定飛距離は70〜80m。
ブルースコードC115の遠投性能がいかに優れていようと、スピニングタックルではまずそこまで飛ぶことはありません。
正直、そんなブルースコードの飛距離は初めて見ました。
※PE2.0号使用。

メタルジグかっ!て、くらいの飛距離です。
山脇さんのベイトタックルにかかるとブルースコードは射撃砲弾となるのでした。

沖に着水したブルースコードを巻き始めてすぐに『キター!』
フト横を見るとガチガチのベイトロッドが大きな弧を描いています。

カンパチかな?と、思ったのですが、寄せてみるとヒラマサでした。
僕は山脇さんの子分となり、ランディング役を任されました。

ヒラマサの動きが一瞬止まったところで一気に抜きあげ。

クリックすると元のサイズで表示します
地磯では良型のヒラマサです。

クリックすると元のサイズで表示します
沖で掛けたのですが、硬いベイトロッドの特性を活かして難なく寄せていました。
僕のランディングは華麗且つ天才的ですから、まぁ普通に獲れます。笑

クリックすると元のサイズで表示します
ブルースコードC115がクチにスッポリと入ってます。
ブリ系統もカンパチもヒラマサもブルースコードが大好きな様。

どうせなら青物専用ブルースコードを出してくれればいいのに。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒラマサが出た後は、また静かな海に戻りました。

北陸の地磯では、ヒラマサは数釣り出来るサカナではないので仕方ありません。

しかし、ブルースコードの遠投性能には唖然。
こんなポテンシャルがあるとは知りませんでした。

ヒットゾーンを考慮すると、山脇さんがキャスティングするブルースコードでしか釣れなかったヒラマサでした。

ブルースコード万歳!
6

2013/9/24 | 投稿者: なおき

昨日は波気と濁りが残ってあまり良い釣りが出来なかったようですね。

僕は沖目狙いでショアトリッカーを使用。
ワンピッチで誘ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
ベイトのカタクチイワシです。

クリックすると元のサイズで表示します
ショアトリッカーは45g。

クリックすると元のサイズで表示します
プラッキングでも良かったかもしれませんが、沖目にはちゃんといるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
カラーチェンジしてシオ。
沖には40〜50cm級が群れています。
それはマイボートのジギングで狙ってみたいです。

短時間でしたが、ショアトリッカーのアクションにたまらずバイトしてきます。

ショアトリッカー。
飛ぶ、動く、釣れる。と、個人的には好きなメタルジグです。
7




AutoPage最新お知らせ