2011/5/5 | 投稿者: なおき

先輩のえ〜じさんが教える鯵の捌き方です。

クリックすると元のサイズで表示します
最初に3枚おろしとし、首根っこの部分の皮を指で少し剥きます。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、包丁の背で身を皮から剥がすようにスライドさせていきます。
ここで注意してほしいのは、絶対に包丁の刃を使わないことです。

クリックすると元のサイズで表示します
包丁で身を剥がした後は、裏返しにして皮を剥がした身の部分をキッチンペーパーで押さえながら手で皮を『ビヤッ!』と、剥がします。

クリックすると元のサイズで表示します
そうすると尾びれのつけ根まできれいに皮が剥けます。
硬いゼイゴも気にすることはありません。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなにきれいな刺身用のサクが出来上がります。

僕は今まで包丁を引いて皮を剥がしていましたが、こんなにきれいなサクにはなりませんでした。

まさかこんな簡単に処理が出来るとは…。
目からウロコです。

クリックすると元のサイズで表示します
アジングでお刺身サイズが釣れたときは是非お試し下さい。

きれいに皮が剥けますので快感ですよ。
18

2011/1/22 | 投稿者: なおき

今朝は釣りに行くつもりでAM 5:00に起床しましたが、悪天候のためテンションが下がり、そのままzzz…しちゃいました。

夜にメバルでもと思ったのですが、やはり悪天候のため断念。
小物釣りでハードな思いはちょっと敬遠した次第です。


とりあえずご紹介したいスイーツがありましたのでネタにしてみました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
土産菓子で人気のある『名古屋ふらんす』です。

クリックすると元のサイズで表示します
と、ある土産屋さんではキャラクター系土産菓子以外で売上No.1という話だったので購入してみました。

タルトの中に餅が入っていて、洋と和のコラボが売りのスイーツ系土産菓子です。

見た目は確かに美味しそう。
問題の味ですが、土産菓子としては美味しいと思いました。

味そのものが容易に想像ができ、8個/1050円という価格、土産菓子として定番の餅入りということが人気の秘密だと思います。
つまり、価格が適正で買っても失敗しない味であるという想像が容易につくこと、タルトと餅のコラボへの興味、それらが重なって購買されるのだと思います。

個人的にはもう少し改良を加えるともっともっと売れると思います。
改良点は伏せておきますが、名古屋ふらんすは確かに売れる要素を持っています。

旅行先で名古屋ふらんすを見かけた方は、『あぁ、これか。』と、思い出して頂ければ嬉しく思います。
13

2010/11/22 | 投稿者: なおき

捌き方特集最後です。

ヒラメで締め括りたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは頭を切り落とします。

クリックすると元のサイズで表示します
血ありをよく洗い流して。

クリックすると元のサイズで表示します
ひれの付け根ギリギリに包丁を入れていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
1度でいっきに切り離すのではなく、骨に添って身を残さないように身を削ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します
表側も同じ要領で捌きます。

クリックすると元のサイズで表示します
骨に刃を当てながら身を削ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒラメは5枚おろしと3枚おろしがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
え〜じさんは3枚おろし派なのでした。

ちなみに僕は5枚おろし派です。


4回に渡りご紹介致しました 『捌き方シリーズ』 は、これにて終了になります。

お付き合いありがとうございました。
13

2010/11/21 | 投稿者: なおき

すみません。
今度はスズキの捌き方です。

クリックすると元のサイズで表示します
うろこを持つ魚はうろこ落しからが基本となります。

クリックすると元のサイズで表示します
血あいを洗い流します。

クリックすると元のサイズで表示します
お腹側と。

クリックすると元のサイズで表示します
背中側から包丁を入れて。

クリックすると元のサイズで表示します
身を切り離します。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側の身も同じ要領で切り離します。

クリックすると元のサイズで表示します
中骨を薄く切り剥ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します
そして皮を剥いで終了となります。

スズキは骨が硬いので包丁を滑らせて手を切らないように注意が必要です。
16

2010/11/20 | 投稿者: なおき

次はフクラギの解体です。

フクラギは捌くのが割りと簡単な魚ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
最初はうろこを落とします。

クリックすると元のサイズで表示します
そして血あいの部分を水で洗い流します。

クリックすると元のサイズで表示します
中骨から包丁を入れて骨から身を切り離します。

ちなみに魚の体が曲がったまま捌きます。

まっすぐに伸ばすとナレてしまうからだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここが肝心。

脂の乗ったトロの部分をなるべく薄く切り剥いでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します
プロは裏返しにはせず、この状態で下身を分解します。

クリックすると元のサイズで表示します
皮を剥いでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します
終了。

スーパーに売っているものと同じですね。
16




AutoPage最新お知らせ