プラレール|常磐緩行・千代田線209系1000番代完成【2】

2012/9/2 | 投稿者: 輝パパ

お約束通り簡易試運転線で試運転をする同車
クリックすると元のサイズで表示します

改造元となったE501系との比較
クリックすると元のサイズで表示します
単に塗り変えただけのような感じですが…改造した点は

@貫通扉の設置とそれに伴う柱の設置
A額縁形状の変更
Bライトの移設、帯色シール凹み部分の平面化
C列番・行先表示機の形状変更
D線名表示機の撤去
Eワイパーの移設
Fホーム検知器用凹み跡の撤去

など

かなりの部分に手を入れています。

にも関わらず、フロントガラスだけを見ているとE231系プラレール製品のようでもありライト周りだけを見ていると関西の207系プラレール製品を塗り変えたようにも見えて不思議です。


メトロ6000系との並び
クリックすると元のサイズで表示します

メトロ16000系との並び
クリックすると元のサイズで表示します

前作の同じくJR車E233-2000とも並べたいのですが
現在、E233-2000は高砂のプラレール喫茶プラたくに展示用として預けているのでそれを引き取り次第、JR車同士の並びを実現したいと思います。

今回、ウチでは初の改造車でのダブルセット常磐緩行・千代田線が完成しましたが年内にはトリプルセットにしようかとも考えています。
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ