北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2012/6/20  20:00

余市観光♪  つぶやき(H24.1〜6月)


前記事の続きで、食後の散策です


更にずんずんずんと奥へ進んで行きます徒歩

クリックすると元のサイズで表示します

左にギャラリー・アトリエ(ケルナー館)がありました。
● 余市の四季の景観とゆったり流れる時間の中、アートなひととき
をご堪能いただける空間です。絵画・写真など多彩なジャンルで、
北海道の作家を中心に2〜3カ月のサイクルで展示します。また、
作家や職人を招いて創作活動をしていただけるアトリエもあり、
訪れるたびにきっと新しい発見を収穫していただけます。
http://www.yoichiwine.jp/yoichiwinery/gallery.html



奥右のワイナリ〜、増改築したな

クリックすると元のサイズで表示します

Zくん記事から以前の

クリックすると元のサイズで表示します

アイスクリ〜ム置いてるとこもショップにした様だ。


店内はそのお陰で広く(行った時増改築してたのわからなかった)

写しにくかった・・・


リカーショップ(ツヴァイゲルト館)
● 既存試飲施設「ヴァインレーゼ」が、ワインの試飲と酒類(『余市
ワイン』製品,『千歳鶴』製品〜清酒・焼酎・リキュール)のショッピング
をお愉しみいただけるリカーショップに生まれ変わりました。ナチュラル
な雰囲気の空間でゆったりと『余市ワイン』の個性を愉しみながら、
お好みの銘柄をお選びください。



更に右奥の入り口です

クリックすると元のサイズで表示します

ショップ(ミュラー館)
● 弊社の製品、清酒『千歳鶴』の『酒粕』や寿印の『道産味噌』、
地元産の『果汁飲料』などの食品と『小樽ガラス工芸品』、地元窯元
の『陶芸品』。道内の『有名アート』の品々を展示即売しています。


レストラン側右全体図

クリックすると元のサイズで表示します



いよいよ出発し、お次は余市の道の駅へ行きました

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場側から全体図を写したのは・・・

余市宇宙記念館スペース童夢です
● 日本人初NASA宇宙飛行士 毛利宇宙飛行士のふるさと余市町
にある「宇宙」をテーマとした学習施設。 宇宙開発の最新情報や
4カ国の宇宙食、宇宙ベッド、宇宙トイレなどが見られる。 中でも、
毛利さんが宇宙で使用した多数の品々は必見です!

クリックすると元のサイズで表示します

ココ、面白いですよぉ〜 時間無いので入りませんでしたが、サイト

へ飛んで頂ければどんなのが入ってるのか見るだけでも面白いの

がわかりますよぉ〜



この建物の左側に隣接した道の駅

スペース・アップルよいちです

クリックすると元のサイズで表示します

宇宙食・宇宙雑貨が手に入ります。



また出発して、すぐ近くにこんな物が

クリックすると元のサイズで表示します

右上にスペ〜スシャトルが(笑  宇宙ですねぇ〜(笑

宇宙の湯 余市川温泉
● 宇宙飛行士:毛利衛さんの祖父が営んでいた銭湯「喜久乃湯」を
譲り受け、その後 温泉を掘り当てたという、湯の華たっぷりのお湯


なので、ココ毛利さんの生家跡地でもあるそうな。


大きな地図で見る




次に寄り道してみた家

クリックすると元のサイズで表示します

旧下ヨイチ運上家
● 時は江戸時代、蝦夷地を仕切る松前藩には米の収穫が全く
なかった。 内地では家臣の禄(給与)は米の量で決められるが、
それができない。そこで松前藩は蝦夷地を80カ所に分類し、それ
ぞれアイヌの人たちとの交易収入を給料として与えた。
その交易を取り仕切る場として設置されたのが、この運上家だった。
文化3 (1806)年、幕府の命を受けてこの屋敷に立ち寄ったのが、
目付の遠山金四郎景普。  かの「遠山の金さん」の父親であり、
その来館を記念すべく奥座敷には等身大の風俗人形が飾られて
いる。
重要文化財指定かつ国指定史跡
かつて道内に10数カ所あったと言われる運上家も、今はこの
「ヨイチ」を残すだけとなった。


こんな凄いとこだったとは・・・ 金さんの父親・・・

またニシン漁繁栄に関わってました(笑


大きな地図で見る



このおうちの前を右に走って行くと、行き止まって左へ曲がるんです

が、前方の方面に向かいます

クリックすると元のサイズで表示します


そして出て来たのが〜

クリックすると元のサイズで表示します

旧余市福原漁場 
● 江戸時代から明治時代にかけて福原家が経営したニシン漁場
の遺跡。海岸に面した主屋を中心に,文書庫,米味噌倉,網倉,
便所,物置小屋等が遺存しており,建物の周囲はニシン粕等の
干場となっている。最盛期のニシン漁をうかがうことができる遺跡
である。



道路に面してる全体を

クリックすると元のサイズで表示します

中、見応えあって面白いですよぉ〜  広いし


今回は時間無いのでパス・・・(昔行った事あるので)


大きな地図で見る




いよいよ、日本海側を走ります


その中で最初に海の岩で見えてくるのが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

毎回、Zくんは照れます(笑


ローソク岩
● かつて、ニシンが群をなしてやってくると、ウロコが岩に張り付き
ローソクのように光ったといわれており、この呼び名がついた。天を
目指してすっくと立つ姿は不思議な雰囲気を持つ。





どんどん走って行き、ドライブして行きました。



次回は、積丹岬を紹介します



にほんブログ村 その他日記ブログ 気まぐれへ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックで宜しくお願い
致します土下座 いつもありがとうございます土下座


からは気まぐれランキング こちらをポチッとなです



● こうして記事の為に調べてみると、いろいろ勉強になりました。

全部全然知りませんでした・・・ 毛利さんの生家や温泉・金さんと

か・・・ 温泉なんて何気に面白いからって撮っただけなのに・・・


やはり、日本海側はニシン漁が凄く繁栄してた事がどこ行っても

伺えますね。  どんだけ凄かったのか



今日は更に下がって15℃・・・ 手冷たいし寒いです・・・

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ