北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2012/6/22  22:21

積丹ドライブ、帰路に経つ♪  つぶやき(H24.1〜6月)


積丹(しゃこたん)から次に向かったのは、神威(かむい)岬です


駐車場から全然歩かなくていいところから日本海を

クリックすると元のサイズで表示します


右側を

クリックすると元のサイズで表示します

なんか日本海側の山々には、このオレンジの花が割と咲いてて

綺麗なんです



そして来た道を後ろ振り返ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

本来、あの山道を登って日本海を眺めるとこなんです(苦笑


ココも、前回の積丹岬の灯台方面には行かなかった時の様に、

あの山道は選ばないので見た事ありません(笑


神威岬
● 積丹半島には代表的な美しい景観を持つ3つの岬があります。
その一つが「神威岬」(カムイみさき)です。先端に点在する岩と直立
する神威岩を間近に望む所まで遊歩道「チャレンカの道」があり
美しい眺めを楽しみながら散策ができます。駐車場から遊歩道を
右方向に進んだ高台からは右に、水無しの立岩が、そして左手には
起伏に富んで長く続く神威岬の景観が望めます。初夏には岬周辺
エゾカンゾウが咲乱れいっそうの美しさを見せてくれます。


オレンジの花エゾカンゾウ(蝦夷甘草)だ  今知った・・・


大きな地図で見る




はい、それではまた画像にも写ってた方面日本海側を走って

行きま〜す

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



神恵内村(かもえないむら)に入りますと・・・

クリックすると元のサイズで表示します  

● 神恵内村は竜がシンボルで電柱には竜のマスコットが掲げられ
ています。マスコットの名前は『どらごん太』です。


かわゆいから撮ってみた  結構好きなのら(笑


大きな地図で見る



そして道の駅オスコイ!かもえないです

クリックすると元のサイズで表示します

にしん街道って書いてるね(笑

● 江差から小樽までの海岸を走る国道229号は、かつて鰊漁で
栄えていたことから「にしん街道」とも呼ばれているようです。


やっぱりね(笑  さすが、日本海側(笑



そして右側には・・・

クリックすると元のサイズで表示します

以前、北海道初のスキューバダイビング施設と一体になってた

道の駅・・・  


ここに免許取る為のダイビングプ〜ルがあったのだ・・・


実はもぉ〜何年前になるかなぁ〜・・・日本海側を通った台風(普通

太平洋側でしかも散った状態でやってくるのだが・・・)でこの辺海に

ぶち壊されたのだ・・・


ずっと道の駅も再建するまで何年かは休業中でした・・・(登録は

そのままの珍しいパタ〜ン)それでこんなに綺麗な道の駅なのだ


面影っぽい感じで漁港状態に再建したみたいだが・・・


以前の道の駅です
http://www.bfh.jp/theme/theme_searchdetail/80000535/


大きな地図で見る




まだまだ日本海側を走って行きます


次に写したのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

弁天島
● 神恵内の南4km、盃温泉峡の目の前の海に浮かぶ島が弁天島
だ。この弁天島はアイヌの美しい娘がかなわぬ恋を実らせるため
毎日歩いて通いつめたとされる伝説のある島で、以来、子宝を良縁
を求る女性が祈願に訪れるとされる。弁天島は茂岩弁天橋で本土
と繋がっており、弁天島に渡ることもできる。また茂岩弁天橋は夜間
ライトアップされ、暗い海に白い橋が浮かび上がる様はロマンチック
でもある。この弁天島は年間を通して魚釣りのスポットであるほか、
島の内側は盃海水浴場になっており、夏になると多くの海水浴客が
訪れる。弁天島に沈む夕陽が美しいとあって、盃を代表する景勝地
となっている。近くには盃の温泉街と、その奥には無料の盃野営場
もあり、ここに泊まって夕陽を鑑賞した後、温泉でゆっくりするのが
いいだろう。自転車なら問題ないが、駐車場がないので、野営場の
駐車場に車を止めて歩いて見に行くとよい。


確かに・・・駐車場無くて最近は歩いて無い・・・

ここ割と好きで、岩ごつごつしてスニ〜カ〜でも歩きにくいけど、

海の中見れるとこもあって楽しいのら  野営場ね



そして説明にもあった海水浴場が右にあります

クリックすると元のサイズで表示します


大きな地図で見る




また更に進んで行きます



そうしますと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

出たよ  鰊御殿とまり

● 泊村で鰊漁が始められたのは今から約300年前と言われて
います。
 明治になって、鰊漁が全盛期を迎えると、泊村には、50を越える
鰊番屋が建ち並び、鰊漁によって莫大な富をもたらした鰊番屋は
泊村の繁栄の象徴でもあったのです。
 当時の繁栄を現在に伝えるこの移築、復元された2つの建物は、
明治27年に親方の川村慶次郎氏が建設した「旧川村家番屋」と、
大正5年頃に武井忠吉氏によって母屋と棟続きで建設された
旧武井邸客殿」でどちらも鰊漁が盛んだった当時の泊村の姿を
いきいきと想像させます。
 また、館内には当時の泊村の鰊漁の様子を物語る貴重な資料が
展示保存されており、泊村の郷土文化を後世に伝えるための
資料館として、広く一般に公開します。



中は有料なので・・・入って右の説明看板

クリックすると元のサイズで表示します

その左側に展示物

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あっしは以前見た事あったので、今回もパス。


大きな地図で見る




また出発して・・・ 


全国的に最後とニュ〜スで取りざたされた例の泊原発です

クリックすると元のサイズで表示します

原子力PRセンター とまりん館です。

まぁまぁ止まってたので、無料だしお客様居た様です。


大きな地図で見る




いよいよ山側峠を越えて走って行きます。


途中のかわゆい街灯

クリックすると元のサイズで表示します

ここ共和町は共和かかし祭をやる位、かかしがシンボル

なので街灯も


大きな地図で見る





そして戻り、夜のデッカイドウ神宮祭へ繰り出し

クリックすると元のサイズで表示します

かなり混みAだったので、上を写そうと思ったらこんな感じに(笑


凄かったので、空いてる部分だけを歩いて食事に向かいました。


大きな地図で見る



次回はお食事編です



にほんブログ村 その他日記ブログ 気まぐれへ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックで宜しくお願い
致します土下座 いつもありがとうございます土下座 (6位からなかなかねぇ〜・・・

からは気まぐれランキング こちらをポチッとなです



● 明日から連休〜〜  

今週末はどこへ行くのかしら・・・ 予定聞いて無い・・・


まだ買った物を紹介してませんが、次回の週末は引籠りになるので

ゆっくりと  結構買いましたよぉ〜

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ