北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2012/8/25  23:06

14日(火)のドライブ模様 Part 1♪  つぶやき(H24.7ー12月)


今回は道南方面へドライブをした模様を公開します


画像が多々だったので、2回に分けて公開します



例の作った黒ごまプリンを食べてドライブに向かい、昼食する

店を探しながら向かったら・・・


丁度時間的に居たとこが、わかさいも本舗登別東店

でした

わかさいも 9個入[北海道お土産]




この店舗の2階にレストランがあります



あっしは、久々に天丼

クリックすると元のサイズで表示します

たまに天麩羅系が食べたくなるので、しかも丼物嫌いなのに頼んで

みた  美味しかった



Zくんは、チキンカツカレ〜

クリックすると元のサイズで表示します

観てください  ご飯の上にチキンカツ・・・

しかもバカみたいなデカさ


ここのメニュ〜は全部量多いみたい・・・

さすがにZくん残しました・・・ 初めてパタ〜ン・・・

衣だらけで気持ち悪くなり、しばらく未だにトラウマになってます・・・


美味しかったんだけどね・・・





食べ終わり、お盆で伊達・室蘭(むろらん)のお寺に行った後、

海へ行き室蘭八景へ行きました


まずスタ〜ト場所は室蘭のイタンキ浜です

クリックすると元のサイズで表示します

● 昭和61(1986)年にイタンキ浜一帯が北海道では初めて、
鳴り砂海岸であることが確認された。夏には海水浴場として
開放され、家族連れやカップルで賑わう。 日本の渚百選に指定
されている。 イタンキとは、アイヌ語で「」を意味します。



入り口付近を

クリックすると元のサイズで表示します

左側を

クリックすると元のサイズで表示します

ズ〜ム

クリックすると元のサイズで表示します

右側にある説明看板

クリックすると元のサイズで表示します



ここを後にして、いよいよ室蘭で言う観光道路を走って行きます。



最初に出てくる看板を

クリックすると元のサイズで表示します

トッカリショです。

● 語源は「トカル・イショ」(アザラシの岩)で金屏風とイタンキ浜の
間にあります。 緑のベルトと奇岩で綾なす絶壁の荒々しい景観、
イタンキ浜を左手に見ての海原の静寂さが奇妙な対照をつくり、
本市を代表する景勝地として室蘭八景の一つに選ばれています。


左側の風景です

クリックすると元のサイズで表示します

右側です

クリックすると元のサイズで表示します



次に出てきたのは

クリックすると元のサイズで表示します

金屏風です。

● 地球岬とトッカリショの間にあるこの一帯は、約100mの直立した
崖面が連なり、赤褐色を帯びた崖面に、朝日が映えるとあたかも
金の屏風を立て連ねたように見えることからこの名で呼ばれるよう
になりました。銀屏風と併せて室蘭八景の一つとなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

左側を

クリックすると元のサイズで表示します

金色になってますでしょ


右側を

クリックすると元のサイズで表示します



お次は、結構有名な

クリックすると元のサイズで表示します

地球岬です。

● 高さ100メートル前後の断崖絶壁が約14キロメートル続く太平洋
側は、地球岬に代表される風光明媚な景勝地が連なります。この
地域は、渡り鳥のルート上にあり、渡り鳥を狙ったハヤブサの
営巣地としても知られる自然豊かな地。中でも「地球岬」は朝日新聞
社主催の北海道の自然100選で得票第1位となり、一躍全国区の
知名度となった名所。毎年、元旦には多くの人達がやってくる
初日の出の名所でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

この看板の右側通路を歩いて行きます

クリックすると元のサイズで表示します

向こう側が海で・・・

クリックすると元のサイズで表示します

チキウ岬灯台です。

前の週くらいに一般公開してたはずです。

● アイヌ語の「ポロ・チケップ」(親である断崖という意味)が、
チケウエからチキウ、そしてチキュウと転化して、地球岬という
字が当てられるようになったそうです。しかし、灯台の方は以前の
呼び名を使っていて、チキウ岬灯台が、正式の名称です。


撮影した目の前に看板が

クリックすると元のサイズで表示します

下部分を

クリックすると元のサイズで表示します

あっしら夫婦が写ってまして・・・


右側の展望台を

クリックすると元のサイズで表示します

暑いし、登りませ〜ん(笑


居る場所から後ろ向いて

クリックすると元のサイズで表示します

その下左側が駐車場で、白い建物はトイレで、その前の看板を

クリックすると元のサイズで表示します

地図左下のオレンジ線部分を走ります



それでは次の看板は

クリックすると元のサイズで表示します

測量山です。

● 室蘭市南方にある標高約199mの山。1872年室蘭と札幌間の
建設道路の「測量の起点」となったことから命名。山頂部の7本の
鉄塔を“希望の光”として灯す。


ここからの風景を

クリックすると元のサイズで表示します

左側を

クリックすると元のサイズで表示します

展望台にココも登れるんですが、やはり登りません(笑



お次の場所は

クリックすると元のサイズで表示します

マスイチです。

● 「マスイチ」の語源は、アイヌ語で「マスイ・チセ(ウミネコの家)」と
いい、ウミネコの巣が多かったことからこの名前がつきました。
付近には、ローソク岩や仲良く並んだカモメ岩、通称“象岩”と
呼ばれる象が寝そべった形そっくりの岩があり、また噴火湾を
隔てた駒ケ岳などの眺望は素晴らしく、室蘭八景の一つになって
います。
1959年(昭和34年)には、この浜から大規模な遺跡が発見され、
先住民たちがこの入江を舞台におおらかな狩猟生活を送っていた
ことがうかがわれます。

クリックすると元のサイズで表示します


右側を

クリックすると元のサイズで表示します

左側を

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中を

クリックすると元のサイズで表示します


左側の海沿いを通って来てます


あまりに画像が多々なので、右側の海沿いは次回に回します。



にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが単身赴任の主婦へ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリック、宜しくお願い
致します土下座 皆様がご覧になってくださってる事を感じられます

からは ダンナが単身赴任の主婦ランキング こちらを
ポチッとなで、宜しくお願いします土下座 いつもありがとうございます☆



● 今回はいつも見てるとこなのに、またしても由来とか勉強に

なりました。


なんだか面白くなってきました


引篭り中のぽんですが、いろいろ食べまくってゆっくりしてます(笑

明日も引き続きの引篭りぽんです(笑  何食べようっかなぁ〜(笑


お菓子は多々なので、安心(笑



追記・・・

今地震びっくりした・・・  

しかもド〜ンって最初外から聞こえた気がしてビビった・・・

一人ぽっちだったから、とりあえず2階へ行き、どうしよう・・・って

頭めぐった・・・


こんな時一人はかなりつらい・・・ 泣きそうで体震えてた・・・

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ