北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2013/5/22  19:35

5/5(日) 馬事資料館 見学♪  つぶやき(H25.1ー6月)


では予告通り、入口の門を

クリックすると元のサイズで表示します

入って右側の馬事資料館へ入って行きます

クリックすると元のサイズで表示します

● 日高管内は全国の約8割の競走馬を生産し、その中で浦河町
は、年間約1,800頭近くを生産する軽種馬の町です。その基盤は、
明治40年に日高種畜牧場が西舎地区に設置されたことに始まり
ます。
 昭和12年に英国産「セフト号」を輸入し、その産駒から数多くの
名馬が誕生しました。その後は「シンザン」「タケホープ」「カツラノ
ハイセイコ」などの多くの名馬が生産されています。
 馬事資料館は、そうした馬産地における馬関係資料の収集保管・
調査・研究と展示により、馬の歴史、人との関係を学習、理解できる
ように、昭和55年に開館しました。



中に入って

クリックすると元のサイズで表示します

右壁は過去に輩出した馬達のレ〜ス結果や、左曲がっても結果

とかが貼ってました。



奥の右側フロアへ入って行くと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

見た通り、馬車

クリックすると元のサイズで表示します

知ってる競争馬系を撮ってみました

クリックすると元のサイズで表示します

シンザン号

クリックすると元のサイズで表示します

テイエムオペラ号

クリックすると元のサイズで表示します

この様に、競馬のレ〜ス関係物のフロアでした。



左側のフロアの途中に・・・

クリックすると元のサイズで表示します

迎賓馬車

クリックすると元のサイズで表示します

● 展示にある二頭引きで4人乗りの迎賓馬車は、明治31年に
製作されたものです。
 日高種馬牧場(のち日高種畜牧場)で明治40年から昭和初期に
かけて高貴な方の迎賓用に使用されたものです。幌は天井から
前後にオープンできるようになっています。



そして左側フロアに行くと・・・ 右に・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ヒンドスタン号の剥製

クリックすると元のサイズで表示します

● 五冠馬シンザンの父親です。
戦後最高の種牡馬と呼ばれ、産駒には46頭が重賞勝、そのうち
13頭が8大競走の勝ち馬です



左には

クリックすると元のサイズで表示します

ドサンコとサラブレッドの全身骨格

クリックすると元のサイズで表示します

● ドサンコは正式名称を北海道和種といいます。荷物の運搬など
のため人の手によって北海道へ連れてこられた南部馬が野生化
し、北海道の気候・風土に適応したものです。在来馬といわれる
日本国内の野生馬の中では大型ですが、速く走るために人の手に
よって血統を管理して誕生したサラブレッドと比較すると小柄です。

クリックすると元のサイズで表示します


お馬さんの内臓紹介

クリックすると元のサイズで表示します

アップしても見えず・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そしてさっきの剥製の心臓をホルマリン漬けに

クリックすると元のサイズで表示します

かなりデカイ  さすが種馬


スパークサラブレッド」とは元々たった三頭の馬の事で、この三匹の
子孫が今のサラブレッドと呼ばれている馬である。

三大始祖馬 三頭の画像です)



次回はこの辺りの日高山脈にあるアポイ岳についてご紹介します


にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが単身赴任の主婦へ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリック、宜しくお願い
致します土下座 皆様がご覧になってくださってる事を感じられます

からは ダンナが単身赴任の主婦ランキング こちらを
ポチッとなで、宜しくお願いします土下座 いつもありがとうございます☆



● 本日は降ったりったりで、どんより天気です・・・


物凄く暗くなったり、なんだかわからない天気で、偏頭痛出そうな

感じでなんとか保ってます・・・


お陰でまた寒々しいよ・・・ 風冷たいし・・・


うちの盆栽桜桜の第3弾がなかなか咲かない・・・

あまり出て無いからかもしれない・・・


去年は白菜をプランタ〜で育てましたが、今年は茄子をこれから

キットで育てようと思ってます


また毎日の経過をおまけ画像的に載せ様と思ってます




   







0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ