北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2014/7/7  13:16

6/29(日) 北海道埋蔵文化財センターへ♪  博物館・資料館 (H26)


では予告通り前記事の続きで、その後に行った

北海道埋蔵文化財センターのご紹介です

● 北海道は、大陸と本州の両方と関連を持ち、独特の文化が
営まれ、貴重な埋蔵文化財が発見されています。
 北海道立埋蔵文化財センターでは、埋蔵文化財の調査研究や
保存をしたり、土器や石器などを展示し、埋蔵文化財の情報提供を
行っています。
 北海道立埋蔵文化財センターは、公益財団法人北海道埋蔵文化
財センターが指定管理者として管理運営を行っています。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口の門です。    入ると、奥へ奥へ走らされます

クリックすると元のサイズで表示します

奥突き当たるとこんな感じで駐車し

クリックすると元のサイズで表示します

右側に

クリックすると元のサイズで表示します

画像建物左が入り口です

クリックすると元のサイズで表示します

入り口右下に、黒曜石

クリックすると元のサイズで表示します

入り口左壁に

クリックすると元のサイズで表示します

入って早速、右下に

クリックすると元のサイズで表示します

更に入ってようやと右側

クリックすると元のサイズで表示します

右下に館内地図

クリックすると元のサイズで表示します

右広場、体験発掘の入り口に

クリックすると元のサイズで表示します

子供達は発掘体験をしてます

クリックすると元のサイズで表示します

では画像左側、この館内入って通路に戻ります

クリックすると元のサイズで表示します

右側お外の黒曜石オブジェ

クリックすると元のサイズで表示します

説明

クリックすると元のサイズで表示します

通路歩いてて、最初に出てくる右側のジオラマ

クリックすると元のサイズで表示します

発掘現場ジオラマ    画像左側に

クリックすると元のサイズで表示します

この位置から更に通路先を

クリックすると元のサイズで表示します

この立ち位置左側に

クリックすると元のサイズで表示します

Zくん、体験してみました。   右側お外オブジェの左側のフロア

クリックすると元のサイズで表示します

画像左のパネル

クリックすると元のサイズで表示します

パネル真ん中説明

クリックすると元のサイズで表示します

このフロア真ん中に飾られてる縄文土器

クリックすると元のサイズで表示します

このフロアは通路右側にあり、左側には

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ、通路奥突き当りフロアへ入ります

クリックすると元のサイズで表示します

右側

クリックすると元のサイズで表示します

奥、画像左から縄文時代の紹介で、手前からだと新しい擦文

(さつもん)時代部分

クリックすると元のサイズで表示します

この下にある、ジオラマ

クリックすると元のサイズで表示します

キウスは千歳市の発掘現場の事の様で、どうりで千歳市の

郷土資料館って無いんですが、全部ここに展示されてるんです。

クリックすると元のサイズで表示します

キウスムラの全体図

クリックすると元のサイズで表示します

入り口真正面真ん中にあった、キウス土器

クリックすると元のサイズで表示します

右壁の真ん中辺りに

クリックすると元のサイズで表示します

縄文時代・アイヌは太平洋側に多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

このジオラマは

クリックすると元のサイズで表示します

これもキウスで、鮭の様に入ったら出られない感じの造り

クリックすると元のサイズで表示します

どんどん古く時代は遡り

クリックすると元のサイズで表示します

縄文土器

クリックすると元のサイズで表示します

このフロア、右側奥はアイヌ部門

クリックすると元のサイズで表示します

千歳でもあったのか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

アイヌの暮らしジオラマ

クリックすると元のサイズで表示します

見えるかなぁ〜・・・(太文字と同様、画像クリックで大きくなります)

クリックすると元のサイズで表示します

このフロア入って真正面奥の壁

クリックすると元のサイズで表示します

アイヌ文化期の木製品類

クリックすると元のサイズで表示します

これらの出土してきた土地の説明

クリックすると元のサイズで表示します

この左側には

クリックすると元のサイズで表示します

画像左側、入口方面を

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中部分の展示物

クリックすると元のサイズで表示します

縄文時代の人骨    装いとこころ

クリックすると元のサイズで表示します

● 装身具は、すでに2万年前の旧石器時代から玉が発見されて
います。それ以後もヒスイ、コハクなど、土、ガラス、貝、骨などさま
ざまな素材を用いてつくられてきました。もともと身を守る意味が
あったといわれていますが、身を飾るための美しさも欠かせない
要素でした。
 また墓には、土器や石器、装身具、石棒などが副葬されている
例が多く、死者を送る儀礼に使用したものや、死後の世界での生活
用具として埋めたものと考えられます。千歳市ママチ遺跡では、
縄文時代晩期の墓にともなう土製仮面(国指定重要文化財)が
出土しています。

クリックすると元のサイズで表示します

キウス出土物

クリックすると元のサイズで表示します

左側の土器

クリックすると元のサイズで表示します

● 北海道の土器の歴史はおよそ1万年前までさかのぼります。
土器は、粘土をこねて形を作り、火で焼き上げたもので、主に食物
を貯えたり、煮炊きなどに使われました。粘土という自由に造形の
できる素材であったため、時代とともにさまざまな形や模様がうまれ
ました。その特徴は、時代の差や地域の差をあらわすと考えられ、
縄文時代を草創期、早期、前期、中期、後期、晩期にわけるための
基準にもなっています。
 なかには用途のわからない不思議な形のものや、実用を越えた
造形も見られ、生活道具のみではない当時の人々の精神性を
かいま見ることもできます。

クリックすると元のサイズで表示します

この土器の左側展示ブ〜ス

クリックすると元のサイズで表示します

● 北海道に数多く残された遺跡は、分布調査や発掘調査によって
その様子が明らかになりつつあります。なかでも、その歴史を知る
上で重要とされるものは史跡として保護され、保存・活用をはかる
ための整備が行われています。出土した遺物の中にも特に重要な
ものとして「重要文化財」に指定されるものがあり、展示公開して、
普及活用がはかられます。
  長い年月を経て今に残った遺物は、出土とともに急速に劣化が
はじまります。特に木製品や金属製品などにはすぐに保存処理を
ほどこす必要があります。遺物が展示されるまでには多くの人の手
と時間が必要とされます。

クリックすると元のサイズで表示します

発掘現場ジオラマ

クリックすると元のサイズで表示します

真上から

クリックすると元のサイズで表示します

このブ〜スの中でもっとも注目するものは

クリックすると元のサイズで表示します

一番最近の話みたいです

クリックすると元のサイズで表示します



大きな地図で見る


最後に、この日の晩御飯は

クリックすると元のサイズで表示します

セブン尽くし。  最後の帯広へ戻りの日でした。



次回は先週食べた物のご紹介です



にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します土下座 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです  ご覧になって頂けたら応援ポチ♪宜しくお願いしま〜す



● 本州は今日は七夕ですね天の川七夕  あっしの中でも今日なんです

が、デッカイドウは来月8/7になります。


7/5・6の土日は、あっしのお誕生日温泉宿宿泊をしてきて、十分

楽しんできました  その模様は水曜日からご紹介して行きます


しかも昨日帰りに、本日の記事の様な縄文時代の資料館にも

寄りました。


またZくんが単身赴任終了してから2週間目の週が始まりました・・・


Zくんの会社、今日は本州七夕の日なので電気節電と言う事で、

定時退社になります。


明日はあっしのお誕生日の日で、Zくん定時退社になります・・・


水曜日はノ〜残業dayで、Zくん定時退社になります・・・


木曜日10日はいよいよ引越し屋さんにお頼みして、帯広のおうち

整理の日です。


そんなこんなでZくんは今週、帰宅が早いのです・・・

あっしは水曜ピアノ、金曜エステなのに・・・


ペ〜スなんだかんだと崩れますが、マイペ〜スで過ごしたいです。


明日はお誕生日ディナ〜ですクラッカー












0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ