北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2012/6/28  18:31

16日土曜日のドライブ模様♪  つぶやき(H24.1〜6月)


いよいよ、16日土曜日のドライブ模様をお送りします


毎回恒例、まずは昼食に取り掛かりたいと思います


今回行ったところは・・・カフェレストラン 馬美舞辺母

(ばびぶべぼ)です


席に着いて目の前の奥席を

クリックすると元のサイズで表示します


その右側の鏡台みたいなところを

クリックすると元のサイズで表示します

奥左に行くとです。


鏡台みたいなのの前には

クリックすると元のサイズで表示します

この奥ピアノ右側が入り口です。


そしてZくん側から

クリックすると元のサイズで表示します


本日のランチメニュ〜の一番人気、煮込みハンバ〜グ

頼みました


それに付くドリンクをまた先に貰いました

クリックすると元のサイズで表示します

Zくんはアイス、あっしはホットにしました。



ジャ〜〜〜ン 来ました

クリックすると元のサイズで表示します

とってもカロリ〜が爆発的に高いであろう内容ですが、昼食なので

いいとします。


ご飯はおかわり自由です


しばらく来ないうちに、お盆にのせられて来る様になりました。



お腹もいっぱいになったところで・・・



今回は目的が無いので近場の道の駅めぐりにし、275号線

沢山あるのでドライブしに行きました



また地図を載せますので、重くなりますがご了承くださいませ・・・



まず辿り着いたのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

見えない 鶴沼公園(つるぬま)です

ここは、沼です・・・

● キャンプにボート、テニスコートや遊具と、家族連れからカップル
まで幅広くお楽しみいただける公園です。
キャンプ場は、オートキャンプ場24区画、バンガロー6棟とフリー
テントサイト約80張、更にコインランドリーや温水シャワーもあり、
近くには温泉やレストランもあります。
道路をはさんで向かいには「道の駅つるぬま」があります。



左側を

クリックすると元のサイズで表示します

天気悪かったので、暗く写ってしまってます・・・



反対側に回って

クリックすると元のサイズで表示します

こっち側にテニスコ〜トやキャンプ場がありました。

さっきのところには温泉があります。



そして道(275号線)を挟んで向かいに道の駅つるぬまです。


和的な全体図を

クリックすると元のサイズで表示します

右、女性用トイレ「桜花苑
● 桜は浦臼町の木です。男性用と共にフラワータウン・浦臼らしい
ネーミングと大きくて清潔なトイレです。

左、男性用トイレ「つつじ苑
● 浦臼町の花、ツツジにちなんでつけられた名前で女性用と建物
が独立しており、とてもゆったりとしています。


実はこの裏すぐ線路なんです

今まで全然知らなかったんですが、たまたまブログカメラ目線で

知ったんです


画像の右側に建ってるのは

クリックすると元のサイズで表示します

ヘルシー食品物産館「ユーティック
● 地元の原料を使用した、“いきいきとうふ”や“あつあげ”。
“いきいきとうふ”をベースにしたヘルシーアイス"鶴の舞”5種類
(バニラ・ストロベリー・チョコレート・マロン・抹茶)の味が揃っていて
特に大人気です。「豆乳ソフトクリーム」も好評。浦臼ワイン、うらうす手延べ
そばなどを販売。



そしてようやと、右側にそびえ立つ建物

クリックすると元のサイズで表示します

メインの道の駅です


別に中は、右側が揚げ物類が売ってて、左側は、そば類が

食べれる食堂でした。


大きな地図で見る




今回はココ迄 次回は以前話した日本一ワイン畑のワイナリ〜

直売店
へ行きます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが単身赴任の主婦へ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリック、宜しくお願い
致します土下座 皆様がご覧になってくださってる事を感じられます

からは ダンナが単身赴任の主婦ランキング こちらを
ポチッとなで、宜しくお願いします土下座



● ざっと簡単ですが、ドライブ模様でした。


ブログカメラ目線って、いつも行かない道とかを走っちゃう事

出来ちゃうんだなぁ〜と今回は感じさせられたドライブでした


なんか、山道を走ったら・・・ なんだこれ?って施設もあったり、

いろいろでした。


でも、実際撮影の方はそんなに無かったり・・・


明日は月末処理大残業日・・・ 休み前日だからまだいいか・・・

2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ