北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2014/7/20  15:00

7/6(日) 登別市郷土資料館・登別市文化伝承館の続き♪  博物館・資料館 (H26)


では前記事の続きで、獅子舞の展示物を左に置いて右に

この様に入り口があるので入って行きます

クリックすると元のサイズで表示します

ここが登別市文化伝承館に当るみたいですね  入ってすぐ左壁側

クリックすると元のサイズで表示します

右は何もなく体験学習室になってる様です。 画像右奥へ進みます

クリックすると元のサイズで表示します

入って左に

クリックすると元のサイズで表示します

その右側に温泉誕生秘話

クリックすると元のサイズで表示します

左側

クリックすると元のサイズで表示します

正面

クリックすると元のサイズで表示します

その中の

クリックすると元のサイズで表示します

続き右側

クリックすると元のサイズで表示します

カルルス温泉の名の由来場所

クリックすると元のサイズで表示します

左下の詳細

クリックすると元のサイズで表示します

● 似た泉質であったことから、カルルス温泉と名付けられた。

右側

クリックすると元のサイズで表示します

見えるかなぁ〜  この中の詳細左側

クリックすると元のサイズで表示します

明治天皇は開拓時に結構デッカイドウに着てるみたいで、あちゃこちゃ

に碑があります。    右側

クリックすると元のサイズで表示します

右壁側

クリックすると元のサイズで表示します

この中の左側詳細 獅子舞の行事がある神社

クリックすると元のサイズで表示します

右側ここら辺の住所も片倉で、片倉家と白石家が登別開拓者

クリックすると元のサイズで表示します

日野は登別温泉開湯者
http://www.noboribetsu-spa.jp/?page_id=10252&lang=ja

真ん中展示物

クリックすると元のサイズで表示します

特別展示室は以上となり、この城「風」の入り口から右の階段で

クリックすると元のサイズで表示します

2・3階を観に行きます

クリックすると元のサイズで表示します

まず2階登り詰めると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

正面と左にも兜

クリックすると元のサイズで表示します

正面右に

クリックすると元のサイズで表示します

開拓に、片倉家(仙台藩白石城主)と白石藩家臣が着てます

クリックすると元のサイズで表示します

左入って右壁側

クリックすると元のサイズで表示します

入って正面

クリックすると元のサイズで表示します

入って左側

クリックすると元のサイズで表示します

左壁側(階段の壁)

クリックすると元のサイズで表示します

左側フロアは

クリックすると元のサイズで表示します

この詳細の後ろ左側から

クリックすると元のサイズで表示します

このフロア階段後ろに

クリックすると元のサイズで表示します

上に写真があった  

クリックすると元のサイズで表示します

きっと片倉・黒澤・白石氏でしょうか・・・ (ちゃんと見て無い'_';)

この壁左には

クリックすると元のサイズで表示します

陽天丸と言うお船が

クリックすると元のサイズで表示します

幌別沖に陽天丸(7,100t)座礁沈没、乗組員の救助に当たる

クリックすると元のサイズで表示します

この方は、アイヌの研究家、アイヌの父と呼ばれた方らしい。

日本のアイヌ文化研究の重要な研究者の一人であるとされている。


階段を上り、途中の壁

クリックすると元のサイズで表示します

更に登り、途中の右壁

クリックすると元のサイズで表示します

登り切ったら左に折れて

クリックすると元のサイズで表示します

3階はまだ勉強してないアイヌのお部屋

クリックすると元のサイズで表示します

入って真正面

クリックすると元のサイズで表示します

左側

クリックすると元のサイズで表示します

画像左壁側

クリックすると元のサイズで表示します

その下部分

クリックすると元のサイズで表示します

入って真正面にあった知里 真志保(ちり ましほ)

クリックすると元のサイズで表示します

アイヌの言語学者で東京大学での指導教授は国語辞典のあの

金田一京助だそうな


このフロア入って左壁に居たのがアイヌ人の金成(かんなり)マツで、

その方の金成マツノートを作成した机

クリックすると元のサイズで表示します

● ユーカラをラテン文字表記で約100冊のノートに書き綴ったもの
を、金田一京助や萱野茂が翻訳していた。2007年、半分以上が
手付かずのまま北海道教育委員会は「一定の成果が出た」として
翻訳を終了した。


2階で紹介したジョン・バチェラーによって設立された函館の

愛憐学校に入学

アイヌ女性。正しい和名は金成 广知(まち)。アイヌ名はイメカヌ

または、イメカノ。ユーカラの伝承者として高名である。

※ ユーカラは、アイヌ民族に伝わる叙事詩の総称。


アイヌに関してはほんとあっしわからんちんなので、記事作成に

苦労した・・・



次回はこの後に行ったダムや帰り道に寄った所のご紹介です



にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します土下座 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです  3連休中も応援ポチ♪宜しくお願いしま〜す



● 本日は予定通り予約投稿となっております


本日は、実家のお庭で焼き肉ジュ〜ジュ〜してる事でしょ〜

だが・・・天候が悪くなる予報なので、どうしてることやら・・・

降っても倉庫でやれるので中止にはなりません


楽しんでるかなぁ〜・・・  皆さんもど〜かなぁ〜・・・












0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ