法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/9/25

得をするとは…。  季の散策

誰でも得をして嫌な気分になる人はいないでしょう。

ただ、何をもって得をしたと思うかで
大分違いはあるように思います。


例えば、
天気が良いだけでそう思えるときもあれば、
割引サービスを受けてそう思うことも然り。

大切なのは、
比較価値として「得」を感じたかどうか。
そう、思うわけです。
つまり誰かと比較して
自分の方が多くの金銭や物品を手にしたかどうかを
判断にするなら、これは無用な競争原理によって呪縛された
得と言えるのではないでしょうか。

他方、何ものにも囚われず、
心が自由な状態で得を感じられたら、
どんなにいいでしょう。

この導きに必要なのが、
感謝と知足の心得。


見過ごしている「得」は
たくさんあると思います。


この秋にたくさん得したいものです…。



雨が上がって何となく気分がいい、
法林院の午後・・・。


             合掌







0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ