法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2015/1/29

薄白  季の散策

クリックすると元のサイズで表示します




昨日の小雪なのでしょうか、
人知れず、山門の上にそっと
残る薄白の妙。




ただ静けさの中・・・。



皆さん、お身体には
気をつけてお過ごしください。



                合掌
0

2015/1/27

雨上がりの午後  季の散策

不安を抱えるには、
自分だけではない。



それは、理屈では
わかっていても、
目の前の難題、焦燥が
どんどん孤立へと向かわせる。




一つの不安はまた、
次の不安を生み出し、
際限なく、負のスパイラルを
引き起こしていく。



それでも、今を生きるしかない。





ただ、感謝を積み上げて、
生きていくしかない。



自らに問うてみる、
法林院の午後・・・。



                   合掌










クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/1/23

碎啄同機  季の散策

碎啄同機

卒業シーズンが近づくと
この言葉を思い起こされる
方もいらっしゃるやもしれません。



雛が殻の中からつつく、
親鳥がそれに呼応し、
助けるべく外から殻をつつく。



機を得て、はじめてなし遂げられる。
学ぶことが多い言葉ですね。






機は、明日かもしれません。



                合掌



0

2015/1/21

鈍色の空  季の散策

大寒を過ぎたとはいえ、
寒さが続く今、
未だ復興の途にある
福島を考えてしまいます。


仮設住宅で暮らす方たちは
もちろん、すべての人々が
本当の「春」を待ち望んで
いることでしょう。




鈍色の空から降ってくるのは
癒えない悲しみではなく
希望であってほしいものです。



                合掌

0

2015/1/17

20年  季の散策

阪神淡路大震災から20年。

私たちはこの時間を
遠い記憶とみるのか、
まだ癒されぬあの日
の延長にあるとみるのか・・・。


いずれにしても
心に留めて、
生きていかなくては
ならないでしょう。


目の前の福島へ
思いをあらたに・・・。


                 合掌





クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ