法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2016/2/29

寒の戻り  季の散策

また寒さが戻った2月の終わりです。




目の前の季節、流れる時間が
日替わりで違うものに感じられるなか、
復興途上の東北の地では
まもなく震災から5年の月日を
迎えようとしています。








雪が溶けて、春が来る度に募る
切なさは如何ばかりでしょう。











胸に刻むように、
寒の戻りを受け止める
法林院の午後・・・。



                 合掌
0

2016/2/28

今日、春の香り。  季の散策

まさに今日は「春の香り」がする日曜でした。





指で空気をつまめば
さらさらと流れるように、
耳をかすめる風はやさしい余韻を残して、
暖かい陽は、昨日よりも長くのびて・・・。












ひと呼吸しては春を想う、
法林院の午後・・・。



                 合掌



0

2016/2/27

風呂敷  季の散策

唐草模様の風呂敷を背にした
参拝の方をお見かけしまして、
とても感心致しました。

何となれば、
その文様は実に新鮮で
機能性にも優れているようなんです。









風呂敷の有用性は、昨今、
見直されているとも聞きますが、
誠に温故知新にふさわしいものといえるでしょう。








手に携えて確かめる、
心を包むその一枚。
ちょっと探してみようかと思う
そんな法林院の午後・・・。



            合掌




0

2016/2/26

風の香り  季の散策

建物や地面を伝う、
風や香り、音があります。



それらは、
季節の変化を知らせるように
ふいにやってきて、
私たちの五感に触れていくもの・・・。




そろそろ、
春の香りがやってきそうな
法林院の午後・・・。


             合掌







0

2016/2/25

メジロの姿と梅一輪  季の散策

今日の喜怒哀楽や如何に。


何に喜び、何に怒り、
そして悲しみ、楽しんだものは。



感情の波は常はゆったりと、しかし、
時には激しく押し寄せてきます。



いくつもの波間に見え隠れする
自分自身を見失うことなく、
また流されないようにいきたいですね。





寒暖の狭間に心の浮沈を知る
法林院の午後・・・。



                  合掌
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ