法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2016/6/30

六月をしまう・・・。  季の散策

雨の後、唸りをあげた濁流を
見ると、自然の怖さが身につまされます。

残酷な雨と地震が今なお続く、
熊本、そして九州各地の人たちの不安は
察するに余りあるという他ありません。


願わくは、一日も早い収束と復興、
そしてまだ先とはいえ、冬へ向けて、
歩みだして頂きたいものです。







季節がかわる気配を空と地の片隅に
見つめる、法林院の午後・・・。


               合掌



0

2016/6/29

終日の梅雨空・・・。  季の散策

お茶を濁す、お茶にする、
臍で茶をわかす・・・。



お茶のつく慣用句は
耳に馴染むものばかり。



その歴史と文化は古く、
また、奥が深いものなんですね。



作法も大切ですが、一服の中に
広がる人間模様を考えますと、
その時を生きる人たちの息づかいまでも
伝わってきそうな気がします。



お茶でもどうぞ。


その心遣いは今も昔も優しい・・・。




一息入れたところで、
小雨に変わった法林院の午後・・・。


               合掌

0

2016/6/28

梅雨空は続く・・・。  季の散策

「日本は、峠の文化」とは、
版画家、原田泰治の言葉から。




山と海に囲まれた風土が育む
文化の連なりは、情報社会の今、
新しい継承を模索しています。


例えば、
地域おこし協力隊など、
過疎化、限界集落、高齢化と、
地方の問題が浮き彫りになる中、
ピンチをチャンスと捉える若者たちの
動きは、実にユニークで頼もしいもの。







発想の転換こそ、これからの課題。
まだまだ、夢はありそうです・・・。





峠の向うが少しだけ近づいた、
法林院の午後・・・。


             合掌






0

2016/6/27

涼の香・・・。  季の散策

涼感を誘う、果物の香り。



店先から漂う清々しさに、
つい足を止めてみたくなります。



積まれた棚を伺えば、柑橘類の
何とも美しい香りにまた誘われてしまう・・・。




手頃な大きさのものを一つ、
手に提げて、そこからの帰り道は
いつもより軽くなります・・・。




薄雲の空の下、涼感を運ぶ
気持は晴れていく、
法林院の午後・・・。



         合掌




0

2016/6/26

薄雲のとまる日曜・・・。  季の散策

人は、
夢を抱き、それに向かって
日々をいくもの・・・。

人の夢、
それはまた儚い(はかない)もの。



儚さは、刹那の美。
儚さは、愁悶の美・・・。



晴雨を繰り返し、
足早に季節が行く様は、
何かを問いかけているように
思いませんか。





雨も風もない、
ただ雲だけが続く、
法林院の午後・・・。


             合掌






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ