法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2016/7/31

日々是夏日・・・。  季の散策

一日中、水分をとることに
追われている今日この頃・・・。


自然と疲れが
たまりやすくなります。



そんなとき、
しっかり湯船につかると
良いそうで、面倒でも
お風呂に入ることを
お勧めします。





いつまでも風呂上がりのような
火照りが続く、法林院の午後・・・。



                合掌





0

2016/7/30

ゆらゆらと夏。  季の散策

言葉に表すと、
めらめら、
いや、ゆらゆら・・・。







連日の暑さを
どう表現しましょう。








ためにするわけでは
ありませんが、
勢い、この暑さなので、と、
何かにつけ、折紙にしている
自分に嫌悪の汗がつたうばかり・・・。











邪気の無い、
子どもたちの声に
遠い日を思い出す、
法林院の午後・・・。



             合掌
0

2016/7/29

疲れを纏う、午後・・・。  季の散策

夏の疲労感が嫌というほど
全身にまとわりついて、
ひとときも離れようとしません。



この疲労感は、肉体のみを覆う
ものではなさそうです。



問題なのは、気力を奪い、
どんどんマイナス思考を
導くこともあるということ。




肉体と精神は不可分・・・。








今、抱えている悩み、
苦しみ、焦り・・・、
そうした心に、追い打ちをかける
暑さをなんとしましょう・・・。










ただ、この一瞬を握りしめて、
永遠の静寂へ投げ放ってみる、
法林院の午後・・・。




           合掌






0

2016/7/28

一雨ぽつりの午後・・・。  季の散策

目が疲れてくると、
新聞を読むのが億劫になる・・・。

こんな日常の感覚が頻度をあげてくると、
加齢を否応無しに突きつけられる思いがします。





ただ、目に限ったことなのか・・・。




ふと、考えますと、
例えば、聞くべき声を
聞けなくなったとか、
また話すべき話を
そのままにしてはいないかなど、
五感のすべてにおいて、
鈍化してはいないかと、
反省しきりです。










割れんばかりに蝉の「命」が
今このときとばかりに弾ける、
法林院の午後・・・。



            合掌










0

2016/7/27

得度式  季の散策

クリックすると元のサイズで表示します
本日、黄檗山萬福寺にての得度式より






それぞれの夏。



受験勉強に汗を流す学生諸君、
仕事に追われる人。
旅行や趣味に今夏を過ごす人・・・。



悩みを抱えている人。
今が一番楽しい人。




特別である必要はありません。
当たり前のように過ごす毎日の
ほんの一コマに、自分だけの「夏」が
綴られていくのでしょう。





凛とした時間が、暑さを忘れさせる
法林院の午後・・・。


              合掌



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ