法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2016/10/9

晴れた午後に。  季の散策

世の軽重、斯くやあらん。


重いもの。


何より命の重さは
言うまでもありません。


しかし、格差社会の広がりは
命を値踏みするかのように、
軽重の振幅を続けています。



軽いもの。

パソコンやスマホ、
車に、家電など、
身の回りのものは
次々と軽量化されています。




一人ひとりの人生観に
おいてはどうでしょう。



何を「重」とし、
何を「軽」とするのか。





今を生きるに、
幾つもの糧をくれた先人たちの
存在は実に重いもの。



翻って我が身をみれば、
何と心許なく軽いことか・・・。




先日頂いた南瓜の重さを
思い出しては、独り言ちるばかり・・・。




久しぶりの晴れ間に、
気持が軽くなった、
法林院の午後・・・。



            合掌











0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ