法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2016/10/31

顔をみる  季の散策

なんでも人は、点が三つあると、
人の顔に見えてくるそうで、
シミュラクラ現象というそうです。


そんな脳の働きは知らずとも、
秋空に浮かぶ雲を動物や食べ物に準え、
また車や電車、いや、家々にも「顔」を
見いだしては、面白がったりしたものです。



もっとも、人の表情は複雑で、
とても点3つでは表せません。




怒っているのか、
笑っているのか・・・。



いつも誰かの表情を気にして、
あるいは、自分はどう見られているのか、
そればかり気にするのも大変ですよね。




空の雲に好きなものを連想するが如く、
ありのままの心でいいのではないでしょうか。






陽だまりに野良猫の顔がほころぶ、
法林院の午後・・・。



               合掌


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ