法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2016/12/31

皆さん良いお年を・・・。  季の散策

一年の最後を感謝で終えられることが、
何よりだと感じています。


続く震災復興、貧困格差の拡大、
様々な懸案が日々の暮らしを
必ずしも明るいものにはしませんでしたが、
だからこそ、小さな感謝を積み重ねることが
大切だと思うのです。




皆さんにとって、
来年が良い一年となりますように・・・。





晴れ渡る穏やかな大晦日、
明日への願いが棚引く、
法林院の午後・・・。



           合掌


0

2016/12/30

後一日  季の散策

これも現代の慣しということでしょうか、
年末カウントダウンに際しては、
携帯・スマートフォンでの年賀メールは、
回線が集中するので、できるだけ控えたり、
接続回線を選んでほしいとの告知記事を
よく見るようになりました。



便利さを越えて、不断の利器は、
暮らしの中心にあるものかと痛感します。





あと一日の暦を何度となくめくる、
法林院の午後・・・。


               合掌


0

2016/12/29

冬来たりなば。  季の散策

冬の花は、
春待ち人への優しさ・・・。


冬の鳥は、
遠い異国への憶いをのせて・・・。


冬の風は、
生きる強さを指し示す・・・。


冬の月は、
いにしえ人の詠に揺れる・・・。




一つひとつ
去来する年の瀬。





花鳥風月の中にたつ、
法林院の午後・・・。


       合掌





0

2016/12/28

片付けていく  季の散策

年末の掃除、片付けにおいて、
特に書籍を中心に「棚」の整理は
重要な作業の一つです。


配置順や大きさごとのまとめ方などの
見た目もそうですが、使いやすさもまた、
問われるところ・・・。



それはは、部屋に限らず、
自分の頭の中にある「棚」づくりも
同じなんですよね。





随分と散らかったこの一年、
さて、どこから片付けていこうか、
最初の一手が難しい・・・。






まだ薄曇りの空の下、
片付いた顔の鳥たちが佇む、
法林院の午後・・・。


             合掌



0

2016/12/27

冬の顔  季の散策

雨につけ、風につけ、冬に関わるものは
自然、表情が厳しくなります。


今日は、また雨の一日。


恐る恐る手のひらを空へ向ければ、
小雨ながらも雨滴は、ひどく冷たく、
濡れた袖口や肩口を抜ける風が
またなんとも寒い・・・。




ただ、
冷えてくれば空気は澄んできて
澄んだ空はどこか優しいものです。




険しい顔ばかりではない、
冬の優しい面立ちを探してみたい、
法林院の午後・・・。



             合掌

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ