法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2017/12/11

午後の贅沢  季の散策

今の時代は、二十四時間、
携帯電話やスマートフォンがあれば、
持っているだけで誰かと
繋がっている気持ちにはなれるようです。


ですから、
一人の時間をつくろうと思えば、
最初にそういう機器を手の届かない所へ
置かなくてはなりません。


しかし、
そんな「切る」作業に慣れないと、
急な連絡は来ないだろうかと、
気になってまったく落ち着かないのでしょうね。


人とのつながり、つながり方を
考えさせられます・・・。



何も持たない、
小一時間の贅沢を試みる、
法林院の午後・・・。


               合掌




0

2017/12/10

よく晴れた日曜の午後  季の散策

そろそろ大掃除をと思って、
洗剤や掃除用具を揃えております。


始めるまでは億劫で仕方がない、
でも始めると急にやる気が出てくる。
掃除は不思議な力がありますよね。


これからは、
毎日きれいにするぞ。と、
今度の決意はいつまで続くでしょう。



空も奇麗に晴れた、
法林院の午後・・・。


               合掌





0

2017/12/9

手を見つめて  季の散策

しもやけ、あかぎれに悩む季節、
水仕事は本当に辛いものですよね。
どうぞ、皆さん、お気をつけください。


さて、
手には、その人の人生が刻まれます。


職人さんのように
目に見えてわかる人もいれば、
一見、何もわからないという方も
おられましょう。


それぞれに、包み、育み、
そして慈しみに触れてきた手。

何も語らずとも伝わってくる
思いがあるものです。



かじかむ指先をかばいながら、
今年触れた出来事を思い返しております・・・。


手探りの日々と寒さを見つめる、
法林院の午後・・・。


               合掌






0

2017/12/8

午後の顧りみ  季の散策

残る暦を見ながら、
あれこれ今年の出来事を思い出しては、
反省することばかりで恥ずかしい。


うまくは生きられなくてもいいんですが、
せめて、得心のいく時間を過ごしたいものです。



そうして、今この時もまた、
遠い記憶となるんでしょうね。



鳥たちの声だけが
やけに賑やかな、
法林院の午後・・・。


             合掌




0

2017/12/7

この風がいい。  季の散策

最古の保存食の作り方は
干すことだったそうです。

干物文化は今また注目されており、
私たちは美味しくいただきながら、
その起源に思いを馳せるわけです。

寒風も冬の味覚を生み出す、いなせ風・・・。






火をおこしてに何が炙りたい、
そんな法林院の午後・・・。


           合掌




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ