法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/4/10

駅弁の日  季の散策

春の旅行ーシーズン只中、
京都の街もいつにも増して
観光客の方が多いように思います。

手にしたスマホは、写メもそうですが、
行きたいところへ連れて行ってくれる「ナビ」
として重宝している様子。

ともすれば私たちより公共交通の路線図に
長けているかもしれませんよね。



さて、
4月の10日は、駅弁の日とのこと。

これは1993年の制定されたそうで、
平成の記念日の一つでしょうね。


列車に揺られて駅弁をいただく、
ちょっと普段乗らない路線を
旅してそんな春を満喫してみましょうか。



車窓に広がる茶畑を想う、
法林院の午後・・。



              合掌

0

2018/4/9

アイデアと便利さの午後  季の散策

よく100円ショップに行きます。

その都度、
随分と品数が豊富になったと
関心するわけです。

そして、何より面白いのが
その商品アイデアなんですね。

なるほどこんなものがあったら確かに便利だ、
しかも百円で買えるなら、なおいい。
となる…。


作り手の発想力にまた感心するわけです。
また何か探しに行ってみますか。




硬貨一枚に便利さの花が咲く、
法林院の午後・・。



              合掌

0

2018/4/8

美声の午後  季の散策

朝一番に聞こえてきたのは
うぐいすの美声。

しかも、
他の鳥たちはまだ鳴いていない中で、
ただ一羽、綺麗な歌を奏でてくれたんですね。


春の目覚めとしては、最高です。



ちょっと贅沢をさせてもらった
そんな日曜となりました。


空を見上げて声の主を探す、
法林院の午後・・・。


               合掌





0

2018/4/7

仏心をみる午後  季の散策

医療機関でいわれる言葉に
鬼手仏心というのがあります。

字の如し、患者さんを救うためには
仏の心と鬼の手が必要ということ。

そうして、
この仏心というのは、誰の胸にもある、
慈悲の心なんですね。


つまりは、すべての元にあるのが仏心。

だからこそ、
鬼の手にも、憤怒の目にもなれるのでしょう。



さて、我が身に宿るそれはどうか・・・。


花散らしの雨に慈しみを探す
法林院の午後・・。



              合掌


0

2018/4/6

聞きながらの午後  季の散策

仕事にもよるでしょうが、
終日ラジオが流れる職場というのは、
たとえ一人でもそれを感じさせない
雰囲気がありますよね。

道路状況や天気は都度に、
ニュースも全国版そして地域版が
告げられ、時には音楽が聞こえている…。
そんな、
今この時間を誰かと共有している感覚は
やはりラジオの魅力だと思います。

ただ、インターネットで、
中継する人たちも増えて、
ラジオから携帯電話、スマートフォンへと
変わってきたのは否めません。



週末の天気と残り桜の報に
耳を傾けてみましょうか…。




何かを聞きながら過ごす、
法林院の午後・・。



              合掌

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ