法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/4/7

仏心をみる午後  季の散策

医療機関でいわれる言葉に
鬼手仏心というのがあります。

字の如し、患者さんを救うためには
仏の心と鬼の手が必要ということ。

そうして、
この仏心というのは、誰の胸にもある、
慈悲の心なんですね。


つまりは、すべての元にあるのが仏心。

だからこそ、
鬼の手にも、憤怒の目にもなれるのでしょう。



さて、我が身に宿るそれはどうか・・・。


花散らしの雨に慈しみを探す
法林院の午後・・。



              合掌


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ