法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/9/30

お気をつけください。  季の散策

まずは台風接近につき、
くれぐれもお気をつけください。

不用意に外出するのは危険なので、
できるたけ控えるようお願いします。



             合掌






0

2018/9/29

無事に過ぎますよう…  季の散策

収穫を前に度重なる台風の襲来は
何とも切ない限りです。

早めの稲刈りに追われる農家の方を
ニュースでみて、こちらはただ祈るしか出来ません。

自然と共に暮らし生きていくということは、
こんなにも難しいものかと思うわけです。

台風被害がないよう、
あらためて願う、
法林院の午後・・・。


             合掌







0

2018/9/28

台風接近の週末  季の散策

近代以降、科学は私たちにとって、
ある種の依代であり、その力で
便利な暮らしを手にしてきました。


今、さらなる進化の前に立っていて
一抹の不安がよぎるのは何故でしょう。

ただ単に時代についていけないから。
自分にはあまり関係が無いから。
いろんな理由はあるにせよ、
最後は心に響くものしか、
受け入れられないのかもしれません。


どんなに科学が進歩しても、
人の心をすべて合理的にとか、
科学的にはかることは
出来ないということでしょうね。





台風接近の報に
ため息まじりの
法林院の午後・・・。


             合掌







0

2018/9/27

流行りの空  季の散策

流行り言葉の多くは
時代の若者たちを中心に作られていく
コミュニケーションツールのようなもの。

生まれては消えていく一瞬の言葉を
長く記憶にとどめておくのは
容易ではありませんよね。


今はどうなんでしょうか、
何が流行っているのか、いないのか…。


ファッションも言葉も昔ほどの
勢いは無いように見えるのですが、
きっとそれぞれに新しいものが
出来ているのでしょうね。




鈍色一色の空が流行りとなった、
法林院の午後・・・。


             合掌









0

2018/9/26

台風が気になる午後…。  季の散策

途切れ途切れの考えが、
ある時、急に結ばれて、なるほどと、
納得することがあります。

日頃から何事においても、
断片的にしかみていない自分にはっとすると同時に、
大局をみる、俯瞰(ふかん)することの大切さを
まじまじと思うわけなんですね。


広い視野に立ち、
いろんな角度から物事を捉える「目」を
持ちたいものです…。



次の台風が気になる、
法林院の午後・・・。


             合掌





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ