法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/2/28

春が来る…  季の散策

ここ数日は気温の差が激しいですよね。
春が近づいたと喜ぶのは昼間の話。
朝夕はまだ冬の冷え込みが残ります。

こうした寒暖差に追われて、
二月が逃げていくわけです。


さて、花の春三月は、
どんな季節となりますか…。


楽しみ半分、不安半分の
法林院の午後…。


            合掌



0

2019/2/27

元気盛ん…  季の散策

法林院のナツちゃんは
いよいよ元気盛んな様子。

朝、林和尚さんと立ち話をしていると、
柿の木に登って遊んでいるではありませんか。
こちらに気づくと、いつもの警戒した面持ちで
立ち止まり、また遊びだすといった感じです。

まだ遠くからしか写真を撮らせてくれないので、
今日は、こんな感じでご挨拶を…。


クリックすると元のサイズで表示します



遠くからでも癒やされるわけです。




                合掌


0

2019/2/26

語尾を上げて  季の散策

語尾を上げるか下げるか。
同じ表現でも地域によって
言い方は違いますよね。

テレビのドラマなんかで、
京都が舞台となれば、
撮影の場所を探すのと同じように、
役者さんの台詞の言い回しを
あれこれと評するわけです。

書かれた言葉と話す言葉。

読み手、聞き手に伝わる微妙な差異は
言葉の面白さでもあるんですね。
そうして時々、各地のお国言葉を
聞いてみたくなりませんか。

陽射しの語尾が上がる、
法林院の午後…。


                合掌




0

2019/2/25

春の靴音  季の散策

厚手の靴下から普通のものに変えて、
サンダルや夏用の靴を履いてみれば、
忘れていた春の感触が足元からやってきます。

土を踏む。小砂利の上を渡る。

踏みしめながら聞こえる音は
まさに「春」…。


耳に優しい音が弾けるようで
なんだか気分がいいではありませんか。




今日もまた一歩、
季節が進む、法林院の午後…。



                合掌




0

2019/2/24

春はうれしや…  季の散策

目がかゆく、鼻がむずむずして、
喉が、いがいがする。

近年の「春」はこんな切なさに満ちております。
一度風が吹けば、埃も花粉も勢いよく飛び回るので、
せっかくの日和でもマスクとメガネは外せないんですよね。

見上げた空は実に清々しいのに
自分だけがすっきりしない、
これからしばらくは、
そんな季節の戯れと
付き合うしかなさそうですね…。






                合掌






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ