法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/3/31

花持ちを祈る午後  季の散策

冬物をしまうとには
まだ少し不安がありますよね。

不思議なもので、しまい込んだら
寒さは戻ってきて、出しておくと
陽気が続く…。

そう、感じるのは
自分がひねくれているからでしょうね。


同じように桜を気にしすぎると
早く散ってしまうやもしれません。
できるだけ意識しないようにして
花持ちを祈ることにします…。




            合掌






0

2019/3/30

有聲軒の枝垂れ桜が見頃  季の散策

春はあけぼの…。

確かに明け方の雰囲気は心地よいものです。
しかし、そ黄昏もまた春独特の魅力があって、
それは明日へ続く希望のような感じでしょうか。
何となく前向きになれるのがこの季節なんですね。

週が開ければ新しい時代の幕開け…。
明日への希望につながる「春」となりますよう、
切に祈るばかりです。


さて、
有聲軒の枝垂れ桜が見頃となりました。



 
                 合掌





0

2019/3/29

米づくりの季  季の散策

全国各地でユニークな米づくりが行われています。
例えば青森県が仕掛けたのは
衛星から田んぼを監視する宇宙時代の米づくり。
収穫のタイミングなど遠い上空から知らせてくれるという。
その名は「青天の霹靂」…!?

また島根県では休閑期にハーブを植えて、
田植えの頃にハーブをすき込む土壌改良で
科学肥料を使わない米づくりをしているそうです。

京都でもあと数年後に
ブランド米がお目見えするとのこと。
さて、どんなこだわりが味わえるでしょう。
楽しみですね…。





            合掌



0

2019/3/28

揺られて微睡む午後  季の散策

電車に揺られていると
段々と眠くなるんですね。
疲れているからではありません。
これは春の為せる技ではないでしょうか。

適度な騒音、適度な暖かさ、
そうして適度な揺れ…
これが揃えば誰でも
船を漕ぎ始めること間違いなし。

今日もどこかで船頭さんが
ゆらり、ゆらり…。




            合掌






0

2019/3/27

蓋を開ける力は  季の散策

一度開けた瓶の蓋を
しばらく経ってから
もう一度開けるときの、
あの力のいりようはすごいものがありますよね。

お湯で温め、タオルを巻いて…

そんな努力をしなくても、
専用の道具があるのは知っていますが、
ここはやはり自力で何とかしたいと思うもの。

当然、開いたときの達成感はあります。


さて、固くなった我が心の瓶も
もう一時開けてみるとしますか(笑)…。



            合掌





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ