法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/4/30

平成最後の…  季の散策

平成を振り返りながらの連休。

平成になってからもよく
昭和で言えば何年といった感じで
昭和換算したものですが、
これから平成で言えば何年…
とはなり難い気がします。

令和元年をまえに、
平成、そして昭和を
今一度振り返ってみますか…。






               合掌



0

2019/4/29

2階建てバスがいく  季の散策

天気はまずまず、
ただ気温は思ったより低めの連休です。

市内の様子はといいますと、
仕事の車が少ない分、
いつもより動きやすく、実に有り難い。

さて、京都市内に新しい観光バスがお目見えして
2階建てのオープンカー?なんですね。

古い感覚のせいか、
町並みにはあまり似合わないような気がします。
やはりゆっくりと歩いて散策するのがよろしいかと…。

いやいや、
時代は新が変われば、
それが当たり前になるのでしょう。
今、まさに時代の過渡期にいるわけで
余計なことを考えるものなんですね…。





               合掌





0

2019/4/28

心から楽しむ  季の散策

心から楽しむ。

大型連休を迎えて
これは何よりの課題でしょうか。

実際、心から楽しむというのは、
簡単そうで難しいんですね。

何か一つでも気にかかることがあれば
どうしても心に曇りが生じるでしょう。
また、自分は大丈夫でも、
一緒にいる家族や仲間たちに
不安を抱えている人がいても同じこと。

せっかくのお休みですから、
気持ちを切り替えて、
ゆっくり過ごせたらいいですね…。




               合掌


0

2019/4/27

声を聴く午後  季の散策

猫ちゃんの鳴き声もそれそれで、
なかには驚くほど低い声の主もいるもんですね。

なにか言葉を話しているような、
ため息か愚痴をこぼしているような、
猫より人に近い語りをたまに聞くわけです。


ひとことで猫撫で声なんていうなかれ。
彼らの声や言葉はもっと奥が深いのでしょう。

今度法林院さんのナツちゃんに
聞いてみるとしますか…。





               合掌





0

2019/4/26

拾うの印象  季の散策

拾うというのは、
何となく後ろめたいような
あまりいい意味ではない言葉なんでしょうか。

曰く、
その姿をしてそう思うのか、
あるいは、災難を拾うといった意味合いが
頭に浮かぶか故か…。

でも、
片付けるという意味でゴミを拾うこと。
勉強や仕事で取りこぼしたものを、
丁寧に集め直すこと。
そういう場合の「拾う」は
決して負の印象にはなりません。

捨てることも、
また拾うことも大切。


毎日がそんな繰り返しのように思えます…。




               合掌





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ