法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/4/18

緩急を使い分ける  季の散策

手が回らないくらい忙しいほうが
かえって気持ちが落ち着くときがあります。

余計なことを考えないで済む。
少しでも不安を忘れられる…。
そんな「急」する気持ちなんですかね。

反対に、余韻に浸る
ゆったりとした時間が欲しいときもあって、
こちらは「穏」の気持ち。


この緩急の使い分けが
人には必要なのではないでしょうか。

四季が巡るのと同じように、
そうした気持ちのあり様が
ぐるぐると巡るわけです。


人の心というのは不思議ですね…。



                合掌




0

2019/4/17

パンにもお茶が会いますよ。  季の散策

宇治はパン屋さんが人気です。

いろんなお店がありまして、
それぞれ人気の一品があるんですね。

行列も当たり前。
その訳はといえば、
抹茶や煎茶を取り入れたり、
日本茶に合うパンがあることも
関係しているのではと考えます。

お茶のまちですからね。


ご当地パンと
午後のひとときを過ごすのもいいでしょう。

ほら、だんだん
食べたくなってきたでしょう…。


                   合掌


0

2019/4/16

流行り  季の散策

帽子にメガネ、マスクに
薄手のトレーナーそしてジーンズ…。

いわゆる普段着の定番?
のような出で立ちでありますが、
今日たまたま居合わせた若者二人が
まったく同じ装いであることに気づきまして、
思わず笑ってしまいました。はい。

別に流行のファッションが
カブったわけでもなく、
ただ、普段着が似ているだけなんですが
しばし談笑を誘うんですよね。


さて、これから夏に向けて
どんな普段着ファッションが
流行りますでしょうか…。



            合掌



0

2019/4/15

楽しみを残して  季の散策

好きなものをあとに残しておくというのは、
これは人間だけの嗜好なんですかね。

猫ちゃんやワンちゃんはどうなんでしょうか。

楽しみをとっておくというのを
子供の頃は、例えば先に宿題を済ませてから
おやつを食べるとか、遊びにいくといった感じ。

今、大人はというと、
抜き差しならない事情で、
好まざるものを先に先にと処理するのが
日課なような気がします。

その後に楽しみがあればいいんですが…。


連休の話題も
どこか遠くの話のようです。はい。


            合掌







0

2019/4/14

連休を思う午後  季の散策

さて、4月も中ほどになって
いよいよ大型連休が近づいてきました。

何をしようか、楽しみな反面、
あまり長い休みはかえって
しんどいという声も聞きます。

与えられた時間をどう使うか、
何となく自分が試されているような気もしますが、
とりあえず、事故や怪我のないことを
祈るばかりです…。



                   合掌




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ