法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/6/30

暑さへ向かう  季の散策

京都の夏は特別暑い…。
いや冬も特別寒い…。

そう、その寒暖差の暑端に
今向おうとしているわけです。

毎夏のことではありますが、
乗り切るには慣れしかない、
わかっていてもなかなか…。


                 合掌





0

2019/6/29

午後の一服  季の散策

ほうじ茶、玄米茶、そして麦茶は
暑い夏こそうれしいものです。

といって、
今は緑茶もペットボトルで簡単に手に入るので、
お茶の種類を問わず、好きなものをいただける
そういう時代なんですよね。

水筒に入れたお茶のお供は、
お菓子なら和菓子。ごはんならおにぎり。

午後の休憩に、
ちょっと口にしたいもの、
思い浮かびませんか。

梅雨の一服、
はい、お茶をどうぞ…。


             合掌





0

2019/6/28

渡りきれる長さ  季の散策

大きな交差点などは歩行者信号に
配慮して少し長めの「青」が点灯しています。

しかし多くの場合、
急かされるように渡らざるを得ないのが現状で、
できれば時間を少しだけ長くしてはと思うわけです。

信号をはじめ、
これからは一層歩行者に配慮したまちづくりが
必要だと感じるんですね。

六月ももうすぐ終わるなと、
何より季節のいくはやさに
驚いてしまいますけどね…。

             合掌




0

2019/6/27

時の刻み  季の散策

各分野で絵画コンクールや
写真コンテストが行われていますが、
そのひとつに、6月は時の記念日を題して
時計のある写真コンテストを見つけました。

写真におさまる時計は、駅舎のそれ、花時計など
それらはアナログ時計でどこか懐かしいものばかり。

時の刻み方はやはり
秒針と短針、長針の
追いかけっこがいいんですよね…。



             合掌





0

2019/6/26

価値観がわかる時  季の散策

人生において
何度か価値観が変わる時があって、
その最たるものは「命」に関わる
出来事でしょうか。

命を迎えた時、
命を育む時、
そして静かに送る時。

この不変の営みの中で
人間、何が大切なのか、気づくんですね。

いたずな比較論、競争原理に
心を傷めることなく、
生きていけたらいい…。

ふと、そう思う時があります。


             合掌






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ