法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/6/15

曇天の週末は…  季の散策

せっかくの週末も
天気は荒れそうな様子。

しっかり雨が降ってなお、
梅雨入り宣言は聞こえてきません。

別に急かすわけではないにしろ、
言われたほうが納得しやすいんですけどね。

この週末を挟んで
さて、宣言となりますか…。




             合掌


0

2019/6/14

挨拶の日々  季の散策

一日に何回となく挨拶をしますよね。

おはようございますを何回(何人)、
こんにちはを何回、といって、
数えることはないですが、
これも大切なものだと、
つらつら思うわけです。

別に声に出さなくてもいいんです。
会釈も一回。そっと道を譲るのも一回、
猫ちゃんに遠くから挨拶も一回…。

日々是御縁也


今日も良い一日となりますように。



             合掌





0

2019/6/13

夏を待つ午後  季の散策

一歩ずつ夏に近づくのを
陽差しや風の香りに感じております。

ついこの間、
ご近所の方が石の風鈴を見せてくれたのですが、
その軽やかな音色もまた然り、
夏を思わせてくれるんですね。

さて、後はセミたちの登場が何時か…。
彼らの大合唱を聞く頃は、
汗が吹き出していることでしょう…。

今は静かに梅雨入宣言を待つばかりです。



             合掌







0

2019/6/12

書き留めて水曜日  季の散策

そのままにしたメモ書きが
随分と山になってきて
過ぎた時間の「嵩=かさ=」を
つらつらと感じております。

携帯電話やパソコンのメールは
この嵩が見えない分、
数の多さを実感するには
画面のスクロール幅か、
保存したファイルの数で知るしかありません。

考えますと、
人が一年で綴るあらゆるメモ書きは
結構なものになると思います。

今年の残り半分、
どんな出来事を書き留めていくのでしょうね…。



             合掌




0

2019/6/11

そを気にする日日  季の散策

局地的な大雨、ゲリラ豪雨、
そういう降り方が珍しくなくなった今、
黒く立ち込めた雨雲を見ると
つい、身構えてしまいます。

傘だけで大丈夫だろうか。
濡れるのを覚悟で走っていこうか、
あれこれ考えて空を見上げる日々が続きますよね。

せめで5分間くらい保つ、
全身撥水スプレーなんか
できないでしょうか…。



             合掌




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ