法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/8/31

寝入りの季  季の散策

そろそろ寝入りも
心地よくなってくる頃でしょうか。

寝間に入って、ほっとする時間。
暑くも寒くもなく、ちょうどいい気温で
ごろりとしたときの、あの嬉しさはたまりません。

月夜に虫の音を聞きながら、
いや、やっぱり秋が一番いいかな…。



             合掌



0

2019/8/30

所作  季の散策

昔はよく子どもが大人の真似をしていました。
話口調、煙草を吸う仕草や笑い方…。
ときには怒られながら育ったわけです。

大人はこうあるべきだ。
そんなぼんやりしたものを
子どもはわかっていたように思います。

今は、そういう仕草云々に関しては
大人の何たるかをそれほど
問われなくなりましたよね。

人生100年時代。
大人の所作はどうなってくのでしょうね…。







             合掌






0

2019/8/29

よき理解者  季の散策

あなたには自分のことをわかってくれる、
よき理解者はおられますか。
そして、
あなたは誰かのよき理解者でしょうか。

今、緩やかなつながりといいますか、
親子兄弟、友人知人を越えて、
孤をつなぐ人間関係ができつつあるそうです。
その中に、よき理解者たる人との出会いも
あるということなんですね。

ふと、自分は誰かの理解者なんだろうかと
疑問に思うのですが、答えはきっとすぐそばに
あるのでしょうね…。



             合掌




0

2019/8/28

一生勉強  季の散策

つまるところ、
九九と読み書きか…。

いやいや、この夏休みに
子どもたちの宿題をみた親御さんたちが
自分の子供時代を思い出しながら、
大人になって思う学校の勉強って何?
に対するひとつの答えとして
こう思うんですが、いかがでしょう。

もちろん、理科も工作も音楽も
みんな大切な勉強ですよね。
ただ、究極は昔からいわれる
読み書きそろばんに落ち着くような気がします。

ちなみに
今もう一度習ってみたい教科は
日本史、それも戦国時代と幕末を
ちゃんと勉強したいですね…。


一生勉強 一生青春
    
    相田みつを




             合掌




0

2019/8/27

冬瓜  季の散策

冬瓜を頂いたので
早速あんかけにしてみました。

夏の終わりにふさわしい、
実に美味しい一品ですよね。

茄子や万願寺とうがらし、
そうした野菜たちが
晩夏の食卓を彩る…。
わくわくしませんか。


冬瓜やたがひに変る顔の形

          芭蕉




             合掌





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ