法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2020/1/25

明治は遠く…  季の散策

明治時代は遥か遠い昔のように思いますが、
例えば、今年百歳の方が生まれたのは
大正10年、1921年で、その方のご両親は
間違いなく明治生まれとなりましょう。
もしかしたら江戸生まれ?!かも知れませんよね。

そうすると、
急に明治時代が近くなるわけです。

世代をつないでいけば、
昔も今もひとつの線上にあると
他愛もないことをつらつら思う、
そんな週末です…。




            合掌



0

2020/1/24

らしさを思う午後  季の散策

個性を活かしたい、
もっと目立ちたいと思うのは
それぞれの自由ですよね。

いいんですよ。
目立つのも個性的なのも。

ただ、
そんな気持ちを
そのまま突き通せるかは別です。
どこかで人と違うことを恐れたり、
人間関係が悪くなるんじゃないかと
思うわけです。

よくいう、自分らしさとは、
このへんの葛藤から
生まれるものでしょうかね。


らしい、らしくない、を、
つらつら思う午後です…。


            合掌



0

2020/1/23

残り物  季の散策

残り物を使って…

とくれば、今夜のご飯か
明日のお弁当か、とにかく
食材を一番に思いますよね。

毎日のことだから、
もったいない精神で、
無駄なく使い切ろうと思うのが人情。
でも、食材だけではないんです。

例えば、小さくなった石鹸のかけらも
網袋に入れたら最後までちゃんと使えますし、
ネジや釘だって再利用できます。

そんな風に「残り物」を探せば
まだまだたくさんの使えるものたちが
ありそうなんです。

とにかく、
なんでも大切にしましょう。
残り物には福があるのですから。




             合掌






0

2020/1/22

好きか嫌いか  季の散策

ようは好きか嫌いか。

物事はすべてそんな動機づけで
決まるような気がします。

今は受験シーズンの秒読み段階。
受験であれ、あるいは就職にしても、
結局好きか嫌いかを自身の中で問う
ことになるでしょうね。


ただ、
始めてみて面白さがわかる、
やってみた結果、嫌いになる、
というのはありますから、
よく考えて、感じて、努力して?!
それから判断できるといいのですけどね。

待ったなしの世知辛い時代に
好きも嫌いも言えぬ空気がちらほら…。




             合掌




0

2020/1/21

目覚め方は…  季の散策

以前にもお話しましたが、
筆者は幸いにして、
体内時計がうまく働いているので、
思った時間に目覚めることができるんですね。

これを特技というかは別にして、
目覚まし時計や家人に委ねるより
目覚めはいい?と考えております。

他方、眠りの質においては、
大切なのは深さだと聞きますから、
何に起こされようと構わないでしょう。

いずれにしても、早起きは三文の徳。
少しでも自由に使える時間が増えて
いいですよ(笑=?)。


いや、
やっぱりもう少し寝たい…。





             合掌



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ