法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2020/3/31

三月をおくる  季の散策

肉体と精神のバランスが不均衡になって
まるでやじろべえのように
毎日揺れ動くのがわかります。

漠然とした不安がために眠れない、
眠れないから不安が募る…。
そんな連続で過ぎた三月なんですね。

ですから、
まずは落ち着いて、
今できることをいつも通りにすること。

その繰り返しの中で
バランスを保ち、心を落ち着かせていけば
きっと答えが見えてくるはずです。

前を向いて明日から
また元気に頑張っていきましょう。





              合掌




0

2020/3/30

今日の桜  季の散策

落ちてきた桜の花びらを一枚手に乗せて、
春を掴んだとはいいすぎでしょうか。

儚き薄紅の栞をしばし眺めて後、
そっと地面に返してみる。
すると、自分もまた自然の営みの一つにすぎないと
思えてくるんですね。

人生は春の宵、桜の花とさも似たり…。



              合掌






0

2020/3/29

桜が見頃  季の散策

黄檗山の総門に咲く桜は
いよいよ見頃でしょうか。

人知れずの桜が
京都のあちらこちらに咲いて候…。


一期一会の花の宴、
今年はかくも静かであります。




              合掌



0

2020/3/28

不要不急  季の散策

もう一度、不要不急を考えてます。

そもそも人の営み、暮らしというのは、
不要不急のもと、文化的、知的活動が
成り立つわけで、この制限はすなわち
文化的活動の停滞を意味すると思うわけです。

そんな不謹慎なことを…と一蹴されそうですが、
この停滞は人々の命にも関わるはずです。

冷静に対処しながら、
目の前の難局を乗り越えなければと、
つらつら思うわけです…。






              合掌





0

2020/3/27

外出を避ける  季の散策

週末は外出を控えるように。
この行政の呼びかけに、
イベントなどは軒並み中止、
東京や近郊の街々、いや
全国的に厳戒態勢になっている様子ですよね。

外出を避けるとなれば、
食べ物や日用品を買い溜めておかなければならず、
スーパーなど品切れが続出しているとか…。

本当に一日も早い収束を願うばかりです。



黄檗山の総門前では
桜がひっそりと見頃を迎えつつあります。



              合掌





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ