法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2020/4/7

莫妄想  季の散策

考えられる限りの希望をおもう。

みんなが健康で明日に困らず、
自由に行きたいところに行ける日々…。

いくらそう考えても、
現実はやはり厳しいことばかりですよね。
明日の不安が消えない、まして来年のことなんか
全くわからないわけです。

今の心境はまさに莫妄想。
そう、
ただ今日を精一杯生きること。
とにかく頑張っていきましょう。


              合掌




0

2020/4/6

同時に見てみる  季の散策

若い人は、テレビ番組とインターネット放送を
両方流しながらのスタイルに慣れていて、
ドラマであれ、歌番組であれ、
放送をみる視聴者はインターネットで
同時意見交換をしているという感じなんですね。

ではと、
国会中継や討論番組はと調べてみますと、
まあ、あるわあるわ…。

今日のような非常時代の中では、
政府のアナウンスや識者のコメントに対する、
様々な立場の人たちの生の声を
合わせてみるのがいいですね。

虚実入り交じる情報社会に生きるには、
こういう接し方もありなんでしょう。




              合掌



0

2020/4/5

収束を願う日曜  季の散策

先日、
中国福建省から黄檗山に
数万枚のマスクが送られました。
門前の各家庭にも配られまして、
そういう優しさがこの閉塞した空気を
少しだけ和らげていれるんですよね。

しかし、東日本大震災のときには
スーパーからミネラルウォーターがなくなり、
今回のコロナウイルスではマスクをはじめ、
ティッシュや消毒関連品が品薄となりました。

いつまで続くのかわかない災禍にあっては、
互いに協力し助け合う気持ちだけが救いです。

本当に一日も早い収束を願うばかりです…。



              合掌




0

2020/4/4

在宅生活  季の散策

在宅という言葉が
今年の流行語になるかもしれませんよね。

外出を控えて。
この状況にがいつまで続くかわからない以上、
家で快適に過ごすことを考えなくてはと思うんです。

その一助となるのが
パソコンやインターネットでしょうか。
情報を得る、買い物をする、趣味を活かす…。

少し前までは画面からはなれることばかり
考えていましたが、今は画面の向こうと
うまく付き合う方法を模索しています。

快適な在宅生活、
皆さんはいかがお過ごしでしょう。


              合掌





0

2020/4/3

混雑を避ける  季の散策

朝夕の混雑時には
あまり乗らないのでわかりませんが、
満員電車を避ける傾向は
定着してきた?でしょうか。

聞けば、
最近は随分と混み具合が緩和されたとのこと。
時間差をつくる、一駅歩く、自転車にするなど
きっと一人ひとりの努力があるのだと思います。

しかし、
どこに行っても人混みを見ないというのは
嬉しいような寂しいような…。





              合掌





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ