法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2020/8/31

忘れることもあり  季の散策

世の中は、
忘れないことに始終するんですよね。

物忘れは悪だ?!いや恐怖だと、
とにかくアナログ、デジタル機器を駆使して
必死なって覚え留めておくことに奔走するわけです。

いえ、
これに異を唱えるつもりはありません。

ただバランス論として忘れる心得も
案外大事じゃないかと思うんです。

心穏やかに暮らすためには
良い意味で忘れていく作業も
ありなんじゃないでしょうか。

ひねくれものの戯言も
また泡沫のまにまに…。





             合掌





0

2020/8/30

丁寧に続ける  季の散策

小さな子どもならおもちゃ箱を、
大人はあらゆる収納の物事を。
いえ、片付けの話なんですけど、
なんと申しますか、
これを丁寧に続けるのは
実に難しいんですよね。

ちょっとでも横着をすると
たちまち散らかり放題、
不断の努力が必要なんです(笑)。


始末をしながら暮らすこと。
昔の人達は実に上手だっと
増えるプラゴミを片付けながら
つらつら思うわけです…。





             合掌





0

2020/8/29

月のための月  季の散策

八月最後の週末。

残暑はあるものの、
少しずつ秋の雰囲気が見え始めました。
ふと、見上げた空にうっすらと月が見えて
それはもう秋の姿のようなんですよね。

太陽の月が八月なら
九月は月のための月。


月を楽しめる季節、
そう、もう少しで
お彼岸の頃なんですね…。




             合掌



0

2020/8/28

納得できる何かを  季の散策

学校も始まり、
これから秋にかけては
行事が目白押し?のはずでしたが、
とにかく、
人が集まる催しは基本的には中止。
そういう中で子供達はもちろん、
大人も手探り状態が続きますよね。

遠足、運動会、修学旅行etc…

一生の思い出にあたり、
どうしたら良いんですかね。
みんなが納得できる何かを
一つでも多く実現したいものです。






             合掌




0

2020/8/27

どこかへ出かけたい  季の散策

昔の時代劇にある股旅ものは
子供心に旅情を掻き立てられ、
見ていて楽しかったですね。

何度となく申し上げますが、
日本は峠の文化なので、
あの山を越えて…その先へ
旅心を膨らませたんです。

今はまた、
高速、即時性に反して、
歩いて、ゆっくりとした旅を
したいと思うわけです。

今般の災禍が収まったら
山を越えてどこかへ出かけたいですね…。





             合掌




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ