法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2020/10/26

当たり前  季の散策

秋の日々、
つらつらと当たり前って何だろうと
とりとめもないことを考えております。

まずは、
自分の中の「当たり前」を整理整頓。
そうしますと、
いくつもの「勝手当たり前」が
あるわあるわ(笑)。

毎日ご飯が食べられることが当たり前?!
はい、違います。
毎月お金がちゃんと入ってくるのが当たり前?!
これも違う。
明日も健康で元気に過ごせる…。
これも違うでしょう。

そうなんです。
ほんとんどが漠たる予測に過ぎず、
すべてはありがたき結果論なんですよね。

何度も自分の中の当たり前を
整理整頓するのが人生ではないでしょうか。

かくも不確かな予測で
生きている自分がいます…。



            合掌




0

2020/10/25

あと何日くらい  季の散策

昨日は実に爽やかな秋日和でした。

さて、これからあと何日くらい、
こんな日があるでしょうか。

暑くもなく寒くもなく…。

少しずつ寒くなるなら
いいんですけど、或る日突然、
ぐっと気温が下がるのが近年の秋模様。

あ〜やっぱり
冬は近づいてくるんですね(笑)。


            合掌




0

2020/10/24

気分の浮き沈み  季の散策

一体、
安心とはなんぞや。
いや不安とはなんぞや…。

と、感傷的な秋は、
とりとめもない気分の浮き沈みを
つらつら弄んでは、あーでもない、
こーでもないと考えるわけです(笑)。

とにかく不安ばかりが続いた今年は
以前のように秋を楽しむ、
という気持ちにはなりにくいので
どうしても内向きになりますよね。

しかし、
それでは勿体無いじゃありませんか。
もう、すべての負の原因は今般の
災禍のせいにして、
ちょっとだけ自分を擁護してもいいでしょう。
あとは、どうにか気持ちを入れ替えて
格好だけでも今日を、
いや明日の方を向いていきましょう…。





            合掌



0

2020/10/23

終い方  季の散策

お寺のこれからを考える…。

これはそのまま私たちの話として
捉えることができないでしょうか。

個人や家族のあり方を問われるといえば
大げさのようですが、
命を迎えそして送るという
普遍の営みにおいて
極端な変化の時代を迎えたように
思うんですね。

別に宗教を持つ持たないはいいでしょう。
しかし、そのことと生きた証を全て
消していくかの如き「終い方」は違うと思うんです。

少子高齢化、限界集落、貧困、格差拡大…

経典に出てくる末法の世は
とりもなおさず今この社会
なのかもしれませんね…。





            合掌




0

2020/10/22

検索アプリ  季の散策

昔読んだ本のタイトルや
作者を知りたい、同じく
歌の題名etc…

はい、今は何でも「検索」
できる便利時代なんですよね。
多くの場合はこの検索で解決?
できるんですが、鳥の名前や
草花の名前はまず何と検索していいのか
わからない(笑)。

と思っていたら、
あるもんです!検索アプリが!!
写メから割り出せる優れもの、
これなら言葉で「形はギザギサで〜」
なんて打たなくても大丈夫。

でも、
鳥や草花はいいですけど
そのうち人間の検索が始まったら
どうでしょう。

いやいや、こんなこと考えるのは
やめておきましょう…。





            合掌



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ