法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2021/5/31

のど自慢  季の散策

今日も元気に「のど自慢大会」を開催?
いえいえ、黄檗山に集う小鳥たちの話です。
誰よりも気合を入れているのが、他ならぬ
ホーホケキョのうぐいすなんですよね。

まあ、のどに磨きがかかって、
毎日鐘を全部鳴らしています(笑)。
エコーのかけ方も実に素晴らしい。

さあ、今週もはりきってどうぞ〜!!



          合掌




0

2021/5/30

2つ買い  季の散策

例えば、好きなアーティストの
作品、CDやDVDを買うとします。
その時、同じものを2つ求める人って
結構いるそうです。
なぜかといえば、一つは普通に聴いたり
観たりするためのもの。もう一つは
未開封のまま、コレクション用として
とっておくためとのこと。

なるほど、
その気持ち、分からなくはありませんよね。
大好きなもの、大切なものを
そのまま持っていたい…。

この1年以上言われてきた不要不急の云々に
あえて反論すれば、人は不要不急の営みで
人生を彩るのであって、このように、見方によっては
無駄だと思われるような動機もまた必要なんですね。

皆さんにもそんな2つ買い的な気持ちありませんか…。



    
                合掌





0

2021/5/29

梅雨の煩わしさも  季の散策

しばらく降り続いたあと、
今日は気持ちよく晴れましたね。

日々是晴雨

しかし、
明日の天気だけが心配ならいいんですけど、
今はある意味で一番後回しのテーマでしょうか。
不安材料に事欠かない時代にあっては、
黙々と傘をさして歩くのみと、
気持ちを切り替えております。

長雨も覚悟の上。
梅雨の煩わしさもまた季節の妙なり。

皆々様、どうぞ、良い週末を…。


          合掌




0

2021/5/28

本を召しませ  季の散策

いろんな見方ができるのは
いろんな人と出会えるから。

そう、人は人と接して
成長できると思うわけです。
だから、今のような非接触型生活は
私たちの成長を著しく妨げる?!ようで
仕方ありません。

では、せめて先人の生き様、
人生に触れようではありませんか。
私たちには、読書というもう一つの
手立てが残されています。

梅雨のひと時、本を召しませ…。




          合掌




0

2021/5/27

まるで別物  季の散策

川の増水を見る度に恐怖を覚えます。
普段なら素晴らしい宇治川の景色も
まるで別物にかわってしまうんですよね。

正しく恐れるということを
今般のコロナ禍で何度も耳にしたのですが、
まさに川もこの語に尽きるでしょう。

自然の美しさは、
正しく恐れて初めて見えてくるものと、
心したいですね。

また雨が降り出してきたので、
くれぐれもお気をつけください。



          合掌




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ