法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2016/10/29

まくら話の秋  季の散策

落語にはまくらと呼ばれる冒頭の
導入部分があります。


本編解説、自己紹介、そして場の和み。
まさに本題への導きなんですね。




私たちも知らず知らずに、
まくらを身につけていることに
お気づきでしょうか。



天気話も然り、健康談義も然り。
コミュニケーションに欠かせない、
そんな話の始まり。



もしまくらがなければ、
人との関わりはずいぶんと
味気ないものになると思います。



さて、秋の夜長、
古典落語でも楽しみますか。
名作「金明竹」には黄檗山も登場します。




陽を伴いながらも冷たい風が
竹林を抜けていく、法林院の午後・・・。



               合掌






0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ