法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2017/7/27

額の汗  季の散策

道の傍らに、早々に舞う
病葉の一片は、陽に照らされて、
それはそれで夏の思わせます。



樹々は、実りの秋のため、
また来るべき冬のために、
今のこの時をじっと耐えているのでしょう。




四季の巡りを
何度くりかえしても、
真夏には冬の寒さを思い出せない、
真冬には夏の暑さを思い出せない、
そんな繰り返しが「人」なんでしょうか・・・。





額の汗がなおのこと
陽射しを呼び寄せる、
法林院の午後・・・。



           合掌


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ