法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/5/30

梅雨入り間近の午後  季の散策

今、巷では「声かけ」がちょっとした
話題を呼んでいるように思います。


例えば、スーパーなどで
子供が一人で泣いているとします。
そこで「どうしたのお母さんは」と
声をかけたら、すぐ近くに親御さんがいて、
無言でその子を連れていく、あるいは、
勝手に話しかけないでと
怒られることもあるといいます。

駅などでは
女性専用車両での男性客への声かけや、
指定場所以外の喫煙者への声かけも
賛否を問われているとか。


人との関わり方は実に難しいもの。
いろいろ考えさせられるんですよね…。




梅雨入りですかね、と、
傘越しに声を掛け合う、
法林院の午後・・・。



              合掌




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ