法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2020/9/14

ラジカセ  季の散策

電気屋さんにラジカセ(死語〜?)を
探しに行くと、ちゃんとあるんですよね。
まだ、ちゃんと(笑)。

売り場の案内板には
オーディオ・AVとあるので
もちろんわかりますけど、
小さくてもラジカセって
書いてほしいと思うのは
昭和世代の郷愁感のあらわれですかね。

さてこの先、
いつまでラジカセがあり続けてくれるか
すべてをデータと呼ぶには
もったいないと思うのですが…。




             合掌





0

2020/9/13

分け入って  季の散策

賢い人はどうして賢いの?
それは賢いから・・・(笑)。

こんな堂々巡りの井戸端会議は
時代がかわっても、手を変え品を変え
いろんなところで続いております。

人の感情というのは重複表現で
いかにももっともらしく
聞こえてくるんですよね。

心が痛いのは辛いから。
なんで辛いのかといえば
心が痛いから。

具体的に分け入って考えない方が
納得しやすい場合も確かにありましょう。

混迷の時代であります。

あちらこちらで
件の井戸端会議は続いております…。




             合掌




0

2020/9/12

一日2リットル  季の散策

そろそろ、温かいお茶が
飲みやすくなってきましたね。
いや〜、ほっとします。

しかし、
今夏を飲み物で振り返れば、
まあ、飲んだわ飲んだわ(笑)、
冷たいもんばかり、
何十リットル?!飲んだことか。

よくいわれる
成人一日2リットルの水分摂取は
夏に限っていえば余裕でクリアしました。

問題は秋からの話。
もう、そんなには飲めません。
でも、引き続き水分補給と休息を
みなさんもお心がけくださいね。





                     合掌







0

2020/9/11

ありがとうとごめんなさい  季の散策

ありがとうとごめんなさい。
結局のところ、
人間社会の基礎にあるのは
この二語に尽きる気がします。

毎日、いろんな場面で
この言葉が織りなす人間模様は
優しさと寛容を育むわけです。

どっちが偉いとかお金があるとか、
そんなことより、
ありがとうとごめんなさいを
大切にしている人が
一番ステキだと思いませんか…。

いい言葉じゃありませんかね。



             合掌




0

2020/9/10

過ごしやすい  季の散策

ようやく気温は30度になった!
38度が当たり前の夏を過ごしているうちに
この30度が暑く感じなくなって
過ごしやすいと思うようになりました(笑)。

でも実際、環境に適応するように
体は変化しているんでしょうね。
誰もがみんな修行している?
みたいではありませんかね。

もっと暑くなったら
どうなるんでしょうね。


とにかく、少しずつ
過ごしやすくはなってきました。




             合掌






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ