法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/11/30

11月最後の空を見上げて  季の散策

何々のある暮らし。

例えば、
自然を好む人は緑のある暮らし。
同じように、
音楽や趣味をそれにうたってもいいし、
もっと広い意味で夢や希望、安心などを
挙げてもいいでしょう。

暮らしの中にあってほしい要素は
人それぞれ…。

だから
お互いにお互いを認め合う暮らしを
作ることができれば、
きっと生きやすいのだろうと思うんですよね。

それが一番むずかしいのですけどね…。


さて、法林院の「なつ」ちゃん(猫)は、
どんな暮らしを夢見ているのでしょうか。



11月最後の空を見上げる、
法林院の午後…。


             合掌





0

2018/11/29

晴れた午後に  季の散策

猫は、さり気なく人に寄り添うもので、
問わず語りを聞いてくれる最良の友
といった感じでしょうか。

そうして、人の気持がわかるのか、
悲しい時は励ましてくれて、
楽しい時は一緒に喜んでくれるよう…。

また、目を見つめられると
何となく隠し事ができない気持ちになって、
それで正直に向き合いたくもなるんですね。


それもこれも
なにかのご縁何でしょうけどね。


人も猫も雨があがって嬉しい、
法林院の午後…。


             合掌






0

2018/11/28

こんな陽気が有り難い  季の散策

11月であることを忘れてしまうほど、
昨日今日と陽気が続きます。

こうした心地よい陽気というのは
年間に何日くらいあるでしょうね。

春秋ともにお彼岸の前後は、
そういう日が多そうですが、
寒かったり暑かったりしますので、
なかなか長くは実感できないかもしれません。

ですから、
こんな寒い時期にいただく陽気は
有り難い限りです。

でも、
間もなくやって来る寒さを忘れずに
心して準備しましょう…。



一期一会の陽だまりと
法林院の午後…。


             合掌





0

2018/11/27

名前は「なつ」  季の散策

我輩君は
実は女子であることがわかりました。


そうして、ついた名前は「なつ」ちゃん。
夏に来たのでそう名付けたとのこと。

今は山内の修繕作業が終わるまで
おとなしくしている様子。

追って皆さんに可愛らしい姿を
紹介したいと思いますので
どうぞ、お楽しみに…。




秋が過ぎてもなつが居る、
法林院の午後…。


             合掌






0

2018/11/27

名前は「なつ」  季の散策

我輩君は
実は女子であることがわかりました。


そうして、ついた名前は「なつ」ちゃん。
夏に来たのでそう名付けたとのこと。

今は山内の修繕作業が終わるまで
おとなしくしている様子。

追って皆さんに可愛らしい姿を
紹介したいと思いますので
どうぞ、お楽しみに…。




秋が過ぎてもなつが居る、
法林院の午後…。


             合掌






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ