法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/8/9

全身全霊  季の散策

ここ数日の蝉の声は
何か鬼気迫るものがあります。

暑さに呼応するかのように
全力で鳴いているんでしょうかね。

ひたむきさのひと声…。
歓喜のひと声…。
寂寥感のひと声…。

彼らの想いを知るすべはありませんが、
夏の日が刻一刻と過ぎていくことは
わかります。
そこに共通の想いがあるや無しや…。




             合掌





0

2019/8/8

立秋  季の散策

あまり暑いと余計なことを考えなくなるもので、
意識は自然と
息をすること、
水を飲むこと。
そして眠ること。ばかりになる…。

そんな感じで
日々をの乗り越えておりますが
もう暦は立秋。


いやいや
京都はここから残暑が長いんですよね。
さて、今年はどこまで続きますか…



             合掌




0

2019/8/7

雷の午後  季の散策

ついさっきまで晴れていたのに、
急に雷がなって、勢い強烈な雨が降る…。

夏の午後の風景ながら、
今は風情より雨の影響が懸念されますよね。

運悪くあたれば、全身スブ濡れ。
運良くあたらなくても、
激しい蒸し返しにまた汗が噴き出す。

毎日、
何がしかの覚悟が問われる夏なんですね…。



             合掌





0

2019/8/6

夏とやかん  季の散策

今はどこでも麦茶が買えるから
あまり家でたかないのでしょうか。

確かに夏はやかんに火を入れるだけでも
一苦労しますものね。

そんなことをいったら、
厨房で働く人や道路舗装する仕事は
どんだけ暑いかと、反省しつつも
つい、汗をかかない方へと
なびいてしまいます。

何事も無理のない程度に。
それが大切だと思いますが…。



             合掌

0

2019/8/5

ひんやり床の午後  季の散策

ひんやりした床に寝そべってみると
何とも気持ちがいいものです。

この身近な避暑を得意とするのは
やはり猫でしょうか。

暑いのも寒いのも嫌。
それはあなたたち人間もそうでしょう…。

そう言ったかどうかはわかりませんが、
床に寝そべる彼らのと目が合うと、
そんなふうに話しかけられている気がします。


暑さはまだまだ続くようです…。



             合掌





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ