法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/10/5

連休前の薄曇りに…。  季の散策

さて、
皆さんは昨日何回「笑う」ことができたでしょうか。


テレビや本をみて、誰かと話をして、
いろんな場面を思い出してみてください。

別に大きな声を出して
笑うというわけではありませんよ。
思わずにっこりしてしまうのでもいいんです。


笑うことを忘れない暮らし、
それって大切だと思います。

今日、そして明日…。
笑みが溢れる日常を楽しみにしたいものです…。


連休前の空は悲しげな、
法林院の午後・・・。


             合掌








0

2018/10/4

温かいお茶をいただく午後  季の散策

そろそろ鉢物の乾きが
緩やかになってきた感じがします。

夏は毎日、朝夕の水やりに追われたことを思えば、
ちょっと安心しますよね。

乾きが緩やかになるのは、人もまた然りで、
お茶ばかり飲んでいた二ヶ月前とは
大分様子が変わってきました。
冷たいものから、暖かい飲み物を欲する
ようになりましたし、もう、そんなにたくさんは
飲もうとは思いませんし。



こういう
少しずつ変化する日常に、
秋を感じるわけです…。


急須のお茶にほっとする、
法林院の午後・・・。


             合掌







0

2018/10/3

誰かと話す午後  季の散策

誰かに話したくて仕方がないなんていうのが、
時々あるものでして、
大体が他愛もないドラマの結末だったり、
近所のスーパーの特売だったり、
あまり深刻な話題はないわけです。


誰かと話題を共有すると、
安心するんでしょうかね。


今はスマホですぐに何でも発信できる時代。
お隣さんの家を訪ねるよりもはやく、写真や動画で
いつでもできてしまう…。

いやいや、便利なのかどうなのか…。


さて、
今日の話題は何でしょう。



手のひらに乗る「話題」と過ごす、
法林院の午後・・・。


             合掌







0

2018/10/2

眩しき秋  季の散策

秋の花粉症ではないのですが、
陽射しがどうにも眩しいんですね。

夏とは違う、秋の差し込み加減が
余計にそう感じさせるのかもしれません。


近所の野良も同じく眩しそうな顔をしています。
ただ、彼らはその暖かさを満喫しているらしく、
それぞれに好みの位置を決めて、
丸くなって気持ちよさそうではありませんか…。





秋の処し方を考えてみる、
法林院の午後・・・。


             合掌








0

2018/10/1

秋を探す午後  季の散策

皆さんはもう、
小さい秋を見つけたでしょうか。

昨夜から一転、
秋晴れの今日は、そんなひとつを
足元に見ました。

いえ、枯れ葉の山に陽がさして
長い影を帯びていたんですね。
それはまさに小さな秋。

風も気持ちよくて、
こんなに穏やかな一日があるんだなと
思ったわけです。


これから、しばらくはこういう日を
たくさん感じたいものですね。



秋を探して、日の暮れと競い合う、
法林院の午後・・・。


             合掌







0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ