法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/2/3

春の見立て  季の散策

寿司職人の人がシャリを手に取っただけで
その重さやごはん粒の数がわかるというのを
何かの番組で見た事があります。

職人の凄さを感じます。

こうした能力というのは
職業ごとにあるのでしょうね。

機械ではできないような、
日々の研鑽で生まれる技量、人間力。

憧れつつも
なかなか自分には得られません。


さて、そろそろ
梅の開花予想が聞こえてきましたが、
樹木の専門家の見立てはどうなりますか…。


                合掌




0

2019/2/2

見た目  季の散策

見た目と違うということを
例えば、動植物の性質に見たりします。

綺麗な花には…であります。

違いに驚くのと同時に
それらが持つ生きる術に
学ぶものは少なくありません。


さて、明日は節分。
鬼は外の鬼もまた見た目をして
誤解のあるやなしや…。


季節を分けて春に近づく、
法林院の午後…。


                合掌




0

2019/2/1

2月の始まり  季の散策

先月は「年の変わり」。
二月は今年最初の「月変わり」。

節分の豆まき、そして恵方巻き、
あるいはバレンタインデーのチョコレートと、
口にするもので賑やかな弥生の月ですね。


年中行事を追うと、
もう春はすぐそこまで来ている気がしますが、
いやいや、まだまだ寒さは続きますから、
どうぞ、皆さんお体に気をつけてお過ごしください。



                合掌




0

2019/1/31

映える午後…  季の散策

写真に写る景色と同じ場所を
探したことがありますでしょうか。

今や京都は世界各地から
多数の観光客が訪れるわけですが、
その中には雑誌や、インターネットで見た
「写真が撮られた場所」を探して
訪ねられる人も多いそうです。

映えるようにと、カメラを向けるんですね。

さて、ここ黄檗山で、
雲水さんらをおさめた一枚は
希望通りの一コマとなりましたでしょうか…。



何より、
心の一コマに映えたことを願う、
法林院の午後…。


  


                合掌





0

2019/1/30

似た人  季の散策

世の中には自分に似た人が三人いるそうで、
筆者も誰かに「似た人」は何人か知っています。
ただ、それは知人の話。自分ではないので、
未だ、当のそっくりさんとご対面したことはありません。

芸能人や有名人に似ているというくらいなら、
みんなそれほど抵抗はないでしょうけど、
服装、髪型、背格好、そして顔つきや
声まで似ている人となると、
会ってみたいような、そうではないような。


いやいや、
人は見た目ではありませんよね。
日々、自分磨きを心がけるとしましょう。





                合掌






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ