法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2020/2/14

春の予行演習  季の散策

毎年、
サンダルを履いて確かめることがあります。
はい、春が来たかどうかです。

ちょうどいい感覚が
足に伝わるんですね。
例えば、音、道の暖かさ、風の感触など。

昨日は急に暖かくなって、
足元にも耳元にも春が
吹き抜けた一日でした。

春の予行演習は
無事に終えられました。



             合掌




0

2020/2/13

静心なく  季の散策

梅花の香りをと思いながらも
マスクを外すことをためらう今日この頃。

〜目にはさやかに見えねども、
新型ウイルスにぞおどろかれぬる…。

光のどけき如月の日に、
静心なく春や待ちなむ…。



             合掌




0

2020/2/12

お菓子  季の散策

甘いものをいただくと
疲れが取れる気がしますよね。

ちょっと一服には
ケーキとおまんじゅう、
どちらがいいでしょう…。

さて、
この和菓子と洋菓子という区別なんですが、
大正時代になって西洋文化と共に、
洋菓子が入ってきたことで、
こう呼ばれる様になったそうです。


コーヒーならケーキを。
お茶ならおまんじゅうを。

どちらにしても、
この一服がいいんです…。




             合掌





0

2020/2/11

関わりの模索  季の散策

言葉にできないがゆえに
誤解されてしまう。
だから余計に関わりを持たなくなる…。

そんなふうに
人間関係に悩む人はどれだけいるでしょう。
今は、あらたな人間関係模索の時代。

緩やかな自死。孤立、孤独と、
日々飛び交う切実な問題は数多在り…。

どうにかして
緩やかなつながりを探して
いけないものでしょうか…。


 
             合掌





0

2020/2/10

足を暖めて  季の散策

使い捨てカイロの小さなやつを
ふくらはぎに貼っておくと
足の血流が良くなって
とても快適なんですね。

心臓から遠いところ、
手先足先を丁寧に温めることが
身体にはいいということでしょう。

これ、身体を「国」に置き換えても
同じような気がしませんか。

地方ほど暖めないといけない。

我が足のポカポカをして、
ふと生意気なことを思う、
そんな寒さはまだ続きます…。


 
             合掌





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ