法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2021/4/21

まずはありがとう  季の散策

先日、車いすの方と電車に乗りました。
駅の無人化が進むなか、
インターホンで会話し、
電車はワンマンカー、
スロープを出してくれるのも
運転手さんなんですよね。

特に難儀することもなく、
ひと駅向こうで折り返して
目的の駅に無事到着。

何度となく「ありがとうございます」
を取り交わすのもまた旅の醍醐味?!
いやいや、日常生活の「ご縁」に
感謝の気持ちはつきません。

昨今いろいろと電車の乗り降り、
バリアフリーについての意見が
取り沙汰されていますが、
まずは人と人のありがとうが
心のバリアを低くしていくものと
筆者は感じた次第です。


             合掌




0

2021/4/20

多少の遠回り  季の散策

遠回りの癖がついた?
とは言い過ぎですが、
健康増進のため、歩数を稼ぐべく
近道よりも遠回り。そういう日が増えました。

季節は春の只中、
見渡せば花々の宴でございます。
そうなれば、多少の遠回りくらい苦になりません。

歩けることのなんと心地よいことでしょう。
皆さんも、遠回りでどうぞ(笑)。




      合掌



0

2021/4/19

リヤカーいいじゃないか〜  季の散策

昭和の引越しはリヤカーなんかも
珍しくなかったわけですが、
今、若い人がひくリアカーは
そのまま昭和の頃の元気を積んでいるんですよね。

いえ、ある地方で学生さんが地元農家の方の野菜を
リヤカーに積んでお祭りやイベントなどいで販売をする、
地域密着型の生産販売をお手伝いするという試みを見まして、
なるほど、電気自動車じゃなくリヤカーいいじゃないか〜?!
と感心したわけです。

黄檗もこれから若い人と一緒に
新しい取り組みをしていくべきと
よそ者の筆者も勝手に考えています。
法林院の和尚様とリヤカーをひいて(笑)、
いやいや、そういう勢いで何かをはじめていこうと
思いますので、乞うご期待?!




      合掌



0

2021/4/18

畝ができていく  季の散策

近くにある畑は耕されて
綺麗になってきました。
土の色もいいんです。
そうして畝ができていくのも
楽しみにしております。

何で畝を作るんだろうと、
今更ながらに知らないことを恥じつつ、
これまた恥ずかしながら
インターネットで検索してみますと、
はい、答えがありました。

まず、水はけをよくして
雑草を生えにくくすること、
そして作物が育ちやすく
手入れもしやすいためとのこと。

納得です(笑)!!

通りすがりながら、
今年もたくさん収穫できますよう、
心からお祈り申し上げます!




      合掌





0

2021/4/17

北上中  季の散策

春の只中を渡る花便りは
藤やツツジそして早くも蓮花へと
走りそうですが、いやいや、
列島を北上中の桜便りは
東北から北海道に
至るところでしょうか。

まだしばらくは、桜もありなむ。
とりあえず、
画面越し、窓越し、サンダル履きの
春を楽しみましょうか…。

      合掌




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ