2018/9/8

過酷な霞ヶ浦サイクリング  

ここ毎日のように強い南風が吹いている、如何いう訳か2か月以上自転車バイクに乗っていないので、昨晩、上さんに霞ヶ浦一周に行ってくると言ったのであった。未だ左手の人差し指は鈍痛と少し熱を持っているし、手のひらもまだ完全ではなく、薄皮状態だ。

湖岸に出るのに何時もより時間が掛かっている、これはこの先、厳しい走りが過ぎります。南風で湖は波白い波が見え、それが土手道を濡らしている。古渡セブンまでずっと向かい風で体力が奪われると同時に大分遅い、1時間と少しでセブンに到着するのだが、20分以上余計に掛かっている。

ずっと我慢の走り、そう言えば走っている自転車海苔が何時もより少ないかも。行方道の駅の休憩所へ直行、ここは冷房が効いて余り人がいない。普通の自転車に乗っている方が、ベンチに横になって寝ています。オジンも即、横になって疲れをとることにしました。

それから物産館へと行って覗いたら、もうトマトは置いてなかった。もうそろそろ季節外れになろうか。と言うことで普段は高浜方面へと足を伸ばすのだが、とてもそんな余力はないので霞ヶ浦大橋を渡って土浦を目指します。此方も概ね向かい風、疲労困ぱいそれとGARMINは外気温が40.8°を指している。

辛うじて土浦・川口の野球場の傍の木陰で休憩・お昼寝です。とても一気に我が家まで走れません。我が家には13時過ぎに到着、なんと6時間強とはそれ程の自然条件と体力低下が'_';影響しているようです。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=3dce0a7adeef977df7089b6e8804a50b
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ